Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スティーブ・ジョブズ、堀江貴文…社会をいい方向に変えてきたのは、いつも「孤独」な人だった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
新R25

外出自粛期間が続き、ほとんどの時間を自宅ですごすようになりました。 家から出られないストレスもありますが、移動時間などがなくなったことで自分のために使える時間が増えているのも事実。 そこで、新R25が立ち上げる新連載「変化の時代にこの一冊」では、これまで多くの本に触れてきたビジネスインフルエンサーたちが「社会が大きく変化している今だからこそ読むべき一冊」をセレクト。 その内容の一部を抜粋して、自宅にいながらも気軽に読書体験ができる記事をお届けします。 もし興味のある本に出会ったら、ぜひ購入してこの機会にじっくり読んでみてください。 初回は、まず新R25編集部が本をセレクト。 選んだのは、3月に発売された脳科学者の茂木健一郎さんの新刊『孤独になると結果が出せる』です。 外出できないことで、多くの人が感じている「孤独」。 茂木さんは著書のなかで、「孤独はビジネスパーソンにとって必要なもの」さらには、社会をいい方向に変えてきたのは「孤独な人」だと言います。 今回は「孤独な人」が与えてきた影響についてご紹介します。

孤独になれば「フロー状態」に入れる

孤独になれる環境を整えて、誰にも邪魔されずにやりたいことに取り組むと、フロー状態に入りやすくなります。 フロー状態になると、自分が思っていた以上のアウトプットを実現することが可能です。 孤独には、フロー状態を起こしやすいという効用があるのです。 フローとは、ミハイ・チクセントミハイが提唱した概念です。 時の経つのも忘れて完全に対象に没入している精神状態を指し、その状態で人は自分でも思いもよらないほどの創造性を発揮し、深い充実感を味わうことができるとされています。 子どものころに公園で夢中になって遊んでいたら、いつの間にか日が暮れていたとか、集中して仕事を一気に処理して時計を見たところ、「もうこんな時間か!」とビックリした経験が、あなたにもきっとあることでしょう。 それが、まさにフロー状態です。 とは言え、孤独にさえなれば、誰もが簡単にフロー状態になれるわけでもありません。 フロー状態は、集中しているだけではなく、同時にリラックスしていなければ生じないからです。 フロー状態では、集中とリラックスという、一見矛盾する状態が、両立しています。 この状態を実現するには、自分が「やりたい」と思ったものに、トコトン取り組むことが大切です。 気の向かないことや誰かに強制的に命令されたことを渋々やっていても、フロー状態にはなれません。集中もリラックスもできないはずですから、それは当然です。 仮に上司に命令された仕事をいざ片づけようとしても、「やりたくないなぁ」「我慢してやらなきゃ」という気持ちが内心あれば、集中はできません。 これは、フローとは正反対の状態。 誰にも邪魔されない環境であっても、やりたくないことをするのでは、フローにはなれません。 フローになるには、自分自身が心からやりたいことを思う存分やること。 誰にも邪魔されない環境でそれに取り組めば、集中できるのは当然でしょう。 「いつまでに」「早く」といった制約もないので、リラックスして臨めます。 孤独になれる環境でやりたいことを思う存分やれれば、フローになる条件が整うことになります。 「孤独になれば、必ずフローになれる」とまでは言いきれませんが、アウトプットを最大化するための重要な環境要因の一つです。

【関連記事】

最終更新:
新R25