Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

続報・新型コロナから回復した義父。本人の口から語られた体験と家族の「アフターコロナ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

現在のオランダと、義父の様子

オランダ人の義父が新型コロナに感染し、入院中に執筆・公開した記事で発症までの経過と入院中の体験をお伝えさせていただいてから2か月が経過した。 現在オランダ国内では、4月前半をピークに日ごとの新型コロナウイルス陽性の診断を受けた新規患者数は右肩下がりに落ち着いてきている。最も新規患者数が多かったのは4月10日の1335人、それに対して公開データ上最新の6月11日は164人で、政府の「インテリジェント・ロックダウン」は功を奏したとみていいようだ。 いまだ街中のいたるところで1.5mのソーシャル・ディスタンスが奨励されてはいるものの、6月1日をもって飲食店を含むほとんどのサービス業が営業を再開し、ミュージアムなどの文化施設も人数制限をかけながら徐々に再オープン。 なにより6月8日より国内の幼稚園・小学校が再び全日・通常通りのスケジュールを取り戻しており、ロックダウン中自宅勤務をしながら子どもの世話とリモート授業のサポートに追われて疲弊していた全国の保護者が息を吹き返しつつある。

多くのオランダ人にとって現在最大の関心事は、夏をどう過ごすか。 政府は安全のためにこの夏は旅行などを控えるように呼び掛けているが、もう正直ステイホームはうんざり、という風潮も強い。そもそも夏に天気が良くて食べ物がおいしい国(つまり、オランダ以外)にバカンスに行くことを1年の最大の楽しみにしているオランダ人は多く、お互いフライトやキャンプ場の最新情報を共有したり、旅行をあきらめて家の庭に大きなプールを購入したり、それが水不足を引き起こして自治体が給水量の制限をしたり、混乱と様子見の夏支度に忙しい。 さて、件の筆者の義父だが、4月の頭に無事退院し、その後2週間の自宅療養の期間も穏やかに過ごした。現在ほぼ発症前と同じ体調の中、医師に命じられたダイエットに精を出している(身長186cmで、12kgあった体重がコロナ闘病で11kgまで落ちたが、身体への負担を考慮してせめて二桁を保つよう指示された)。 以前と同じ生活を取り戻した…と言いたいところだが、人生はそう単純に進まなかった。彼の「アフターコロナ」は生活を一変させてしまっている。まずは彼の生活の劇的な変化の最も大きな要因となった、そして前回の記事や日常生活で最も多くの人に質問を受けた、義父と一緒に暮らしていた義母の様子からお伝えしたい。

【関連記事】