Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

河辺愛菜、吉田陽菜ら新星も参戦! 3アクセルに続々と挑戦する激戦のフィギュア女子展望

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Number Web

 コロナ禍のなか、五輪前年となる2020-21シーズンがいよいよ開幕した。  9月25日から全日本選手権予選となる中部選手権・中四国九州選手権の2大会が始まったのを皮切りに、コロナウイルスを言い訳にはできない真剣勝負が待ち受けている。 【この記事の写真】女子5人の艶やかな演技を見る  この異例の状況をどう乗り切るか、単なる技術力だけでなく、精神力や対応力が問われるシーズンになりそうだ。  選手にとって、一番の苦労は大会数の減少だろう。  海外の試合への出場はほぼ不可能で、オフシーズンに各地で行われていた東京夏季フィギュアやげんさんサマーカップなどの地域大会も多くが中止になった。  全日本選手権への予選となる各ブロックの選手権に、本番経験なしに挑むのはあまりにも不安が大きい。

トリプルアクセルに挑戦する、力試しの場

 そんな中、選手が試合感覚を取り戻すチャンスとして、『ドリーム・オン・アイス 2020Go for Tomorrow』(9月12-13日)が行われた。  2日間にわたり試合形式でショートとフリーを披露。無観客だが、テレビ放送やインタビューもあり、6分間練習をしたあとに本番の演技をする。  特に激戦の女子にとっては、全日本選手権予選から少しも気が抜けないため、貴重な経験となったようだ。  女子の出場者は、吉田陽菜、河辺愛菜、川畑和愛、樋口新葉、坂本花織の5人。  なかでも15歳の吉田と河辺は国内戦でトリプルアクセルを降りたことのある気鋭の若手で、今季初成功を目指す樋口新葉も加わり、5人のうち3人が本番の緊張感のなかでトリプルアクセルに挑戦する、力試しの場となった。

実力者の貫禄を見せた樋口

 実力者の貫禄を見せたのは樋口。昨季から継続のショート『Bird Set Free』は、3回転ルッツの着氷で感触が良くないと判断すると、連続ジャンプにするのを回避。続く3回転フリップから3回転トウループをつけてリカバリーし、落ち着いた滑りを見せた。 「去年よりもリンクを大きく使って滑ることが出来ました。ミスをカバーする気持ちで出来たのが良かったです」という。  フリーは、今季は初戦からトリプルアクセルを入れると決意していた。6分間練習では飛距離のあるトリプルアクセルに成功し、手応えをつかんで本番に臨む。  しかし踏み込みが浅く、転倒してしまった。 「朝練でも良いトリプルアクセルを跳べていましたし、集中していました。やはり久しぶりの試合感覚での演技だったので、緊張感もあり良い経験になりました」と話し、シーズン中での成功を誓った。

【関連記事】