Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ユニクロ超えに着々「#ワークマン女子」の想定を越える大反響

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
プレジデントオンライン

10月16日、神奈川県横浜市に「#ワークマン女子」がオープンした。ワークマンなのに作業服、作業用品を一切扱わないという新業態だ。15日のプレス発表会に参加した経営コンサルタントの竹内謙礼氏は「ワークマンはコロナ禍でも成長を続けている。その強さの理由がわかった」という――。 【この記事の画像を見る】 ■アラフィフの妻が気に入った1900円のワンピース  「これ、今日は買えないの? 」  10月16日に横浜にオープンする店舗「#ワークマン女子」のプレス発表会。女性向けのウエアが主体ということだったので、取材にアラフィフの妻を同行させた。初めてのワークマンだったが、一発で商品を気に入ってしまった。  「デザインがシンプルだからいろいろな服に合わせやすそう。とにかく軽いのが魅力。しかもこんなに安ければ文句なし」  特に妻が気に入ったのが「高撥水ビエラシャツワンピース」。ポケットが多く、普段使いでも仕事でも使いやすそうだと言う。価格は税込みで1900円。コスパ重視の妻が興奮するのも無理はない。 ■コロナ不況なのに「2桁成長」を続ける  コロナ禍でもワークマンの勢いが止まらない。  帝国データバンクによると、8月のアパレルの上場企業24社のうち、前年同月の売り上げを下回った企業は8割に達した。ユニクロを率いるファーストリテイリングですら、コロナ禍の3月の売り上げは27.8%減。アパレル業界は危機的状況に追い込まれた。  しかし、ワークマンは2020年3月期の第1四半期のチェーン全店売上高が、対前年同月比26.3%増という驚異的な数字をたたき出した。その後も4月以外の全ての月で2桁成長を続けている。  そして、多くのアパレル店が閉店に追い込まれる中、ワークマンが横浜の桜木町駅前に女性向けの商品構成比率を高めた「#ワークマン女子」を10月16日にオープンさせた。  「想定を超える反響です」  そう話すのは広報部・部長の林知幸さん。新店オープンなどのプレス発表で、取材に来るメディアの数は通常であれば30社前後という。しかし、今回の「#ワークマン女子」は2日間で約60社のメディアが駆けつけた。密を避けるために、メディア取材は2時間の制限が設けられるほどの盛況ぶりだった。  今後、10年間で「#ワークマン女子」を全国で400店舗新規出店していくという。ワークマンにコロナ不況は全く関係ない。

【関連記事】