Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NYコレが完全デジタル化 ブランドや消費者、プレス、バイヤーなど誰でも使えるプラットフォームを開設

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WWD JAPAN.com

アメリカファッション協議会(COUNCIL of FASHION DESIGNERS of AMERICA以下、CFDA)は、国内のファッション業界向けのビジネスツールを兼ねた総合デジタル・プラットフォーム「ランウエイ360(Runway360)」を立ち上げる。公開はニューヨーク・ファッション・ウイーク(9月14~16日開催予定)の開幕前だ。 【画像】NYコレが完全デジタル化 ブランドや消費者、プレス、バイヤーなど誰でも使えるプラットフォームを開設

「ランウエイ360」は、コレクション発表やPR、販売、消費者への働きかけといったブランドビジネスにおけるツールを網羅しており、デザイナーが業界関係者や消費者と直接つながることができる。デザイナーはバーチャルのプレスカンファレンスの開催や参考資料の配布、ファッションショーやプレスキットのリリースができるなど、販売の促進や米国ファッションにおけるクリエイティビティーを披露する場として機能する。また世界中の小売業者やプレス、消費者を対象に、AR/VRを駆使した360°の動画やライブ配信、ECおよびSNSとの連係やショッピング機能が提供され、9月のファッション・ウイーク終了後も永続的に利用することができる。

ブランド、消費者、プレス、取引顧客など誰もがアクセス可能な「ランウエイ360」では、各ユーザーのプロフィールに合わせたサービスが提供される。例えば、デザイナーは50人限定でコレクションを公開することができたり、各自のページにBtoB向けのデジタル・マーケットプレイスのニューオーダー(NuORDER)や卸売りシステムを設置したり、またユーザーはそのページからデザイナーのプロフィールページにアクセスし、360°の拡張現実を用いたコレクションの閲覧やプレスキット、プライベートイベント、AR/VR体験といったソーシャルメディアを通じたコミュニケーションを行うことができる。

「ライブ ナウ(Live Now)」というページでは、ウィメンズ、メンズ、新人、サステナビリティの4つのカテゴリー別に、ファッション・ウイークの公式スケジュールとブランド、コレクションを紹介。期間中はライブ配信されているコレクションが特集される。ユーザーはお気に入りのショーを登録し、SNSを通じてシェアすることもできる。またデザイナーは、過去のコレクションを公開することも可能だ。CFDAは今回イベントを開催しないが、どの場所で行われるショーも「ランウエイ360」でライブ配信する。

【関連記事】