Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「誤解はマスコミの責任も。ダウンロードは思ったよりも順調」接触確認アプリCOCOA責任者の平将明内閣府副大臣に聞く

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 感染防止対策の一環として6月に導入された、新型コロナウイルス感染者との接触を確認するアプリ「COCOA」。千葉県ではCOCOAがきっかけで感染者が確認されるなど、成果も上がってきている。 【映像】接触確認アプリ 責任者の副大臣に聞く

 登録者が増えれば増えるほど効果が上がるこのCOCOA。しかしリリースから2カ月、ダウンロード数は「オックスフォード大学の研究で60%の普及率ですぐに隔離をすれば、ロックダウンは不要だ」と19日に西村経済再生担当大臣が説明した「60%」には程遠い、約20%にとどまっている。また、リリース後に判明した感染者4万人以上のうち、COCOAに登録していたのはわずか386件だった。 政府は今月から著名人がダウンロードを呼びかけるCMを流すなど、ダウンロード増に取り組んでいるが、その行方は…。24日の『ABEMA Prime』には、開発の陣頭指揮を執った平将明・内閣府副大臣に話を聞いた。

 まず、ダウンロード数で苦戦が伝えられるCOCOAだが、平氏は「1400万くらいダウンロードされているので、思ったよりも順調に行っていると思う。“なんで政府が出すアプリでバグがあるのか”という批判もいっぱい受けるが、アプリなのでもちろんバグは出る。そこは直しつつだ。濃厚接触者だという通知が来た場合、希望すればPCR検査が受けられるようになったので、これから伸びると思う。自衛隊などはもちろん、職場やイベント、撮影の現場、スポーツなど、みんながCOCOAを入れた方がリスクはコントロールできる」との認識を示す。  ダウンロードにあたって心理的なハードルになっているのが、セキュリティの面での懸念のようだ。「BlackDiamond」のリーダー・あおちゃんぺは「TikTokが情報を抜いている、という話ではないが、周りの子たちは“国に情報を管理されそうだから”と言っている。みんなが試して安全が確認されたら入れようと思っている」と話す。  すると平氏は「良いところを突いている。接触確認アプリは各国で開発されているが、最もプライバシーに配慮しているのが日本とドイツだ。COCOAの場合、個人情報保護法でいうところの”個人情報”は何一つとして取っていない。ダウンロードしてもらえば分かるが、名前を入れることも、携帯電話の番号を入れることもない。“毎回ログインしなくてはいけないから、使い勝手が悪いな。”と思うかもしれないが、それもワンクリックのAmazonとは違い、情報を取っていないからだ。GPS情報も取らないので、Bluetoothを使っている。アプリを入れ、Bluetooth機能をオンにしている人同士が1m以内の距離に15分以上いると、登録される。このデータが過去2週間分溜まり、そのうちの誰かが陽性になると、通知が来る仕組みになっている」と説明。

【関連記事】