Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

赤ちゃんが泣いて肩身が狭いあなたに  子育てに寛容示す「大丈夫だよ」ステッカー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 「電車で赤ちゃんが泣いたら舌打ちされた」。「『母親なんだから泣きやませろ』という目で見られた」。これは、赤ちゃん連れのママたちの体験談だ。筆者も、まだ歩けない娘を連れて東京郊外の実家に帰省した際、電車内でベビーカーを蹴られたことがある。  一方で、声には出さなくても、ママやパパを応援してくれている人たちもいる。「赤ちゃんが泣いても大丈夫だよ。ベビーカーは邪魔じゃないよ」。そんな気持ちを届けようと、奈良県生駒市のベビーマッサージ講師で2児の母でもある岩城(いわき)はるみさん(37)が、「ALRIGHT BABY」(赤ちゃん、大丈夫だよ)と書かれたステッカーとキーホルダーの販売に取り組んでいる。  岩城さんは2012年にベビーマッサージ教室を開いた。そしてそこに集まるママたちから「赤ちゃん連れで新幹線に乗るのが不安」「ベビーカーは邪魔だと思われているのではないか」といった悩みや心配の声をいつも耳にしていた。

 「赤ちゃん連れに優しくしよう」。そう伝えられるマークができないだろうかと考えていた時、奈良市のデザイン会社の経営者と知り合った。これがきっかけとなり、17年4月の商品化につながった。  マークは奈良市にある若草山をイメージした緑色に、赤ちゃんとシカのキャラクターが抱き合うデザイン。円形で直径3センチのSサイズと、5・5センチのMサイズがあり、それぞれ132円と165円(税込み)。キーホルダーは385円で、インターネットなどで販売している。これまでに千個以上を売り上げた。  実は、ほかにも同様の取り組みはある。女性向け情報サイト「ウーマンエキサイト」では「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」と銘打ち、「泣いてもいいよ!」と書いたステッカーなどを製作、配布する活動をしている。宮城県や長野県など一部の自治体はこの事業の趣旨に賛同し、地元の方言を使ったオリジナル版を無料で配布しているが、岩城さんはあえて有料での販売を選んだ。「事業を息長く継続させたい」「実際に使う意志がある人に持ってもらいたい」との思いがあるからだ。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS