Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アップルの「脱インテル版Mac年内発売」がもたらす衝撃…新macOSは19年ぶりにバージョン11へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

アップルは独自開発の半導体(Appleシリコンと呼称)で動くmacOSを開発、今後2年の移行期間を経て、脱インテルを進めていく具体的な計画を明らかにした。 【全画像をみる】アップルの「脱インテル版Mac年内発売」がもたらす衝撃…新macOSは19年ぶりにバージョン11へ 6月23日午前2時、アップルは初の完全オンライン開催となる開発者向けイベント「WWDC2020」の基調講演を配信した。iOSからiPadOS、watchOS、tvOS、macOSにいたるまで、あらゆる製品のOSソフトウェアについてのアップデートを披露したが、最も興味深いものになったのは最後の20分。ここに、アップルの今後数年の戦略が込められていたと断言できる。 2020年秋に登場する最新のmacOS“Big Sur”は、その最初の一歩になるOSだ。 独自設計の半導体「Appleシリコン」と聞くと、何かまったく新しい大仰なものに聞こえるが、実はそうではない。 実際のところアップルは、既に何世代にもわたるiPhoneやiPadに搭載した独自設計の半導体を通じて、全世界に「アップル製のCPU(SoC)」を行き渡らせている。日本のスマートフォンにおけるアップルのシェアは約50%程度だから、ある意味で日本のスマホユーザーの半分の人が、何らかの形ですでにAppleシリコンを手にしていることになる。 今回のmacOSのAppleシリコン対応は、この延長線上にあるものだ。

インテルから独自Appleシリコンへ移行の要

基調講演では「Mac用のSoCを開発する」と明言したが、実は基調講演のデモンストレーションの中でも、ひとしれず、Appleシリコン上で動く新macOS“Big Sur”は動作していた。 アップルのソフトウェアエンジニアリング担当の上級副社長、クレイグ・フェデリギ氏が明かしたところによると、基調講演で披露したmacOS“Big Sur”のデモは「Apple A12Z Bionic」を搭載した開発機で実際に動いていたものだった。 そして非常に細かいことだが、Big SurのOSバージョン表記は、「バージョン10.16(現行OSの次)」ではなく「バージョン11.0」。macOSがOSXに移行した2001年3月以来、はじめての10から11に数字を刻む。このことだけでも、アップルの並々ならぬ意気込みが感じられる。 さて、Macの脱インテル を考える上で、この「A12Z Bionic」で動作できていたというのはポイントの1つだ。これは現行機種のiPad Proに搭載されているチップと、少なくとも名称はまったく同じだ(フェリギ氏も同じだと言及している)。 デモからは、搭載メモリーが16GBとiPad Proの6GBに比べて大幅に多いことも見て取れるが、メモリー以外は特別にパワフルにカスタムしたAppleシリコンでないのだとすれば、少なくともmacOSの日常レベルの操作は、iPad Proの性能でも十分に動くということになる。 Macの脱インテル を進めるにあたって最大の問題はアプリの「非インテル化の移行」だ。そのための方法としてアップルは3つの対策を用意していた。 1つは「Universal 2」と呼ばれるフレームワーク。1つのプログラムで、インテルベースのMacでも、AppleシリコンベースのMacでもアプリをネイティブ動作できるようにするものだ。 フェデリギ氏の基調講演での説明では、すでにアドビ(Creative Cloud)やマイクロソフト(Office for Mac)が、Universal 2対応のアプリ開発に取り組んでいる。 デモでは、限定的な操作ではあるが、A12Z上のmacOSで動作するエクセルやフォトショップを使ってみせた。 もう1つ用意したのが、「Rosetta 2(ロゼッタ2)」と呼ばれる、プログラムのコード変換の仕組みだ。これはUniversal 2対応が間に合っていない…もっと言えばおそらくはすぐにアップデートはされない古いアプリを動かすために、用意したものだ。 アップルは2006年にPowerPCベースのCPUから、インテルベースのCPUに移行する際に「Rosetta」を使って“古いPowerPCアプリもインテルMacで動く”という仕組みをつくった。今度は、それと同じ名前の仕組みを使って「脱インテルする」ということになる。 フェデリギ氏によると、アプリをインストールする際に変換をかけてインストールすることによって、起動も素早くなるという(アプリ実行中のコード変換もできる)。 最後の1つは仮想化技術で、Linuxなどを動かすものだという。 さらにアプリのエコシステムの点で大きいのは、AppleシリコンベースのMacでは、iOSやiPadOSのアプリが「直接」動作するということだ。アップルが注意深く「完全互換」というような言葉を使っていない点は注視する必要があるが、少なくともCPUのアーキテクチャがまったく異なるインテルベースのMacでiPadのアプリを動かすよりは、開発者側のハードルは低いものになる可能性がある。 最後に、現時点で判明しているAppleシリコンベースのMacのロードマップを箇条書きでまとめておく。 開発者向けのDTK(Developer Transition Kit)はAppleシリコン仕様の開発版Mac Mini SoCはiPad Proと同じA12Z、メモリーは16GB、SSD512GB。OSは開発者向けmacOS Big Sur 開発者向けの申込みとDTKの配送は今週から開始 最初のAppleシリコン版新型Macの発売(出荷)は「年末」 その後、インテル版からAppleシリコン版Macへの移行期間は2年 インテル版MacのサポートとOSのアップデートは継続 とはいえ、今後インテル版Macの新製品も発売予定 アップルはAppleシリコンへの移行に自信 (文・伊藤有)

伊藤 有

【関連記事】