Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

≪韓国ドラマNOW≫「秘密の森2」10話、イ・ジュンヒョク失踪事件の目撃者が登場…犯人からのメッセージに警察の時計を発見

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。  13日に放送されたtvNの土日ドラマ「秘密の森2」ではソ・ドンジェ(イ・ジュンヒョク)失踪事件の目撃者が登場する様子が描かれた。 秘密の森2のプロフィールと写真 この日、ファン・シモクはナムヤンジュ(南楊州)事件を調査した。ファン・シモクはソ検事の事務室を訪れた。ファン・シモクは「なぜよりによって事故当時のブラックボックスの記録がないんだ。なぜこのような形で終わらせたのでしょうか。補助文書も全くない。ソ検事はどうしたのだろうか。ところで運転者がなぜここに来て死んだのか主任検事は知らなくていいのか。走行記録も残っていない」と、チョン・ミナ(パク・ジヨン)検事に声を高めた。 これにチョン・ミナ検事は「私を信じて任せて下さってサインをされたんだ。手抜きではなかった」と答えた。すると、ファン・シモクは「なぜ本人のことを聞いているのに他人の話をするのか」と問い詰めた。 ファン・シモクは自分が持っていたファイルを取り出して書類を見ると、職員の1人が「それはソ検事が準備してと言った書類だ。全部で3つだった」と話し、ファン・シモクは「なぜ今になってこんな話をするのか。私が初めて来た時に変わったことがあったら話して欲しいと言わなかったか」と腹を立てた。 チョン・ミナがナムヤンジュ警察署に連絡して資料が残っているのか確認すると、これ以上資料は残っていないという答えだった。「私がもっと気をつけられなくて申し訳ない」とファン・シモクに伝えた。 これにファン・シモクはウ・テハに電話をかけて、「ひょっとして、ソ検事が渡した書類の中でセゴク地区隊ではなく他の物はなかったか」と聞き、ウ・テハは「いや、ない」と答えた。しかし、ファン・シモクはソ・ドンジェと交わした話を思い出し、ウ・テハが自分に見せてくれなかったものがあるということを改めて悟った。 以後、ファン・シモクはナムヤンジュにあるクンナム路の事故現場へ向かい、その当時の行跡をシミュレーションした。さらに、交通課を訪れて「その時、心臓に痛みを感じたのなら、なぜ路肩に先に停めようとしないのでしょうか。あまりに急だったのなら、急ブレーキをかけたでしょう」と話した。 これに担当者は「話はできなかったが、死亡者が直接119番に電話した。急ブレーキまではなかったようだ。その当時、おかしな事はなかった」と答えた。すると、ファン・シモクは「死亡者がこの道をよく通ったのでしょうか? ナビは? ナビゲーションに目的地の設定がされていない。死亡者の家と会社が全てソウルなのに…ナムヤンジュ郊外なのにナビをどうして使わなかったのでしょうか? 携帯電話のホルダーもない」と話した。 これに担当者は「ナビの必要がなく、その道をよく知っていることもあるのではないか」と答えた。ファン・シモクはソ・ドンジェの通話履歴を見せながら、「ソ検事と電話しているが何を話したのか? パク検事について何の話をしたのか」と尋ねた。しかし、担当者は「そんな話はなかった。まさかこの事件とソ・ドンジェ検事の失踪と関係があるのか」と、かえって不思議に思っていた。 すると、ファン・シモクは「さあ」と答え、担当者の話でもパク・グァンス検事の事件がおかしいと感じた。担当者はファン・シモクが去ると、全ての内容をチェ・ビッ(チョン・ヘジン)に知らせ、チェ・ビッはウ・テハと連絡して「あれこれたくさん尋ねたらしい」と伝えた。 これにウ・テハは「捜査チームから外す。私が除けと言えば絶対だ」と興奮した。 ナムヤンジュ警察署から出たファン・シモクはパク・グァンス検事の妻を訪ねた。ファン・シモクは「ナムヤンジュにどうして行ったのか」と聞き、妻は「全く知らない場所だ。仕事についての話はせず、知っていることはない」と答えた。これにファン・シモクはソ・ドンジェの話を出して、妻は「弔問の時にソ・ドンジェ検事に会った。その当時、夫の事件を担当したというのを思い出す」と話した。 ファン・シモクは継続して事件に対する話を気にして、妻は「夫に秘書がいる。法律事務所に行って一度聞いてみなさい」と話した。そして法律事務所で秘書に会った。秘書は「その日は有休だった。パク検事はお酒を全く飲まなかった。私たちも後で驚いた。そしてクライアントがナビをつけないでと言えば、つけない場合がある」と答えた。 秘書に会った後、ファン・シモクは「クライアント、ミーティング、初めて使った有休、馴れた道ではなかったのにあの夜になぜそこに行ったのだろうか」と独り言を言った。さらに、自分がソ・ドンジェと無理に絡めようとこうするのか、自分の方向性が間違っているのではないか悩んだが、パク・グァンス検事が死んですぐにチェ・ビッが女性初の情報部長となったことを思い出しながら、「このような偶然が連続するのは果たして偶然であろうか」と悩んだ。 しかし、ファン・シモクは「ナムヤンジュ事件はうまく進んでいるか」と問うウ・テハに、「この事件をずっと掘っていいのかよく分からない」と話した。これにウ・テハは「それなら私が調べてみよう」と答えた。 これに異常さを感じたファン・シモクはウ・テハを訪れ、「セゴク地区隊ではなく、また別の話をソ・ドンジェとしなかったか」と問い返し、ウ・テハは「ないが、どうしてそうなのか」と話した。 しかし、すぐにソ・ドンジェから受け取った書類がファン・シモクにばれた。ウ・テハは「これが関係しているのか。私はパク・グァンス検事のファイルは受け取れていない」とごまかし、ファン・シモクは「これはあまり大きな打撃を与えないと思いますね」と答えた。 以降、ソ・ドンジェ行方不明事件に目撃者が登場した。目撃者は「顔を見た」という文を残した。警察は目撃者が残した文を調査して誰なのかわかったが、詐欺犯という事実に簡単に接近できなかった。 その時刻、チェ・ユンス(チョン・ベス)は犯人が送った写真を国科捜に依頼しており、写真の中の灯りが警察の時計ということを確認した。チェ・ユンスはこの事実をハン・ヨジン(ペ・ドゥナ)に知らせ、ハン・ヨジンは「何ということ」と当惑した。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

【関連記事】