Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ステップはたったの2つ!かんたんヨガでO脚を改善、美脚を手に入れましょう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
家庭画報.com

美と健康のお悩み相談室

美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。

【お悩み】O脚がコンプレックスです

O脚がコンプレックスで、夏でも丈の短い洋服やスカートなどがはけません。

【回答】美脚ヨガ“ドルフィンツリー”にトライしてみて

O脚を改善し、美脚を手に入れたいなら、「骨盤底筋(こつばんていきん)と共に骨盤底筋を取り巻くサポート筋である“内転筋群(ないてんきんぐん)”を鍛えることが有効」というのは、産婦人科医でありヨガドクターの高尾美穂先生です。

美脚効果だけでなく、姿勢も改善!「骨盤底筋」に注目

高尾先生は、女性の若返りと健康を推進するために、骨盤の底にあり大事な内臓を支える筋肉である骨盤底筋に注目しています。 この筋肉を鍛えることで、美脚効果だけでなく、姿勢が改善されたりウエストにくびれができたり、お尻がプリッと上向きに。 さらに、尿漏れや生理痛、PMS(月経前症候群)などの改善も期待できるそうです。

美脚メニュー“ドルフィンツリー”で内転筋群にアプローチ

そして、内ももに沿うように走っている複数の筋肉である内転筋群は、骨盤底筋に間接的にアプローチするためには欠かせない存在で、この筋肉も一緒に鍛えることで美脚を叶えることができるそう。 そんな内転筋群を鍛えるかんたんヨガ「ドルフィンツリー」を著書『超カンタンヨガで若返りが止まらない!』から紹介します。

ステップはたったの2つ!かんたんヨガを実践

つま先立ちになるときにお尻にもキュッと力を入れると、内転筋群を鍛える効果がさらにアップ! たったの9秒でも効果があるというのですから、いつでもどこでも手軽に行えそうですね。夏に向けて、美脚と美尻を手に入れましょう。

1.「気をつけ」の姿勢で立つ

かかとをつけて足先は開く。

2.両手を上げて、つま先立ちになる

かかとの部分だけをくっつけた状態のまま、つま先立ちになります。お尻とおなかに力を入れて9秒キープ。

高尾美穂/Miho Takao 産婦人科医・ヨガドクター。女性のための総合ヘルスクリニック、イーク表参道副院長。医学博士、産婦人科専門医、スポーツドクター。東京慈恵会医科大学大学院修了。同大学附属病院産婦人科助教をへて現職。 産婦人科外来に携わるほか、女性アスリートのメディカルサポートなどを行う。ヨガを長年愛好し、診療のかたわらヨガマスターとして、医師として、各種講座・講演活動で全国を飛び回る日々。 『超かんたんヨガで若返りが止まらない!』(世界文化社)より。

イラスト/umao 撮影/岡田ナツ子 編集協力/山岸美夕紀

【関連記事】