Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Serphによるディズニー・カバー・アルバムから牧野由依をヴォーカルに迎えた「レット・イット・ゴー~ありのままで」が先行配信!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エムオンプレス

2020年9月16日に発売となる“魔法仕掛けの電子音楽家” Serphによる全曲新録音アルバム『Disney Glitter Melodies』から、牧野由依をヴォーカルに迎えた楽曲「Let It Go (feat. 牧野由依)」が先行配信された。 大ヒットを記録したディズニー映画『アナと雪の女王』のエンドソング曲であるこの楽曲。今回のカバーでは、Serphによるファンタジックなサウンドに、声優、歌手として活動しながら、岩井俊二監督映画の劇伴でピアノを担当するピアニストの一面ももつ牧野由依の伸びやかで可憐な歌声がマッチした仕上がりとなっている。 また、9月16日に発売されるアルバム『Disney Glitter Melodies』のデラックス・エディションには、牧野由依ヴォーカルによる「レット・イット・ゴー~ありのままで」カバーの英語バージョンも収録される。 <牧野由依コメント> 名曲揃いのディズニー楽曲がSerphさんの手によって彩られるという素敵なアルバムに参加させて頂けるという事で、とても嬉しく思いました。 ディズニーは小さい頃から沢山の作品を観させて頂いていました。 最近の作品ももちろん大好きですが、特に『ファンタジア』が好きでビデオテープが擦り切れてしまうのではないかと思うくらい何度も見るほど大好きでした。 『アナと雪の女王』『アナと雪の女王2』2作品共に観ていたので、「レット・イット・ゴー」は大好きな曲でもあります。 お話をいただいた時には「この曲を…私が?!歌わせていただいて良いのでしょうか…?」と期待と不安と喜びとが混ざった感情だったのですが、Serphさんのこれまでの作品や「レット・イット・ゴー」のアレンジを聞かせて頂いて、この曲において自分自身が目指す方向性が見えた気がしました。 Serphさんのアレンジは、エレクトリックの中に響く澄んだ神秘的な音の世界観がとっても心地良く、ずーっと聴き入ってしまいます。 Serphさんとはレコーディングの日に初めてお会いできたのですが、とっても穏やかにディレクションもして頂けたので、なんだか伸び伸びとさせて頂いてしました。 ●配信情報 「Let It Go (feat. 牧野由依)」 先行配信中 配信リンクはこちら 「A Whole New World」 配信中 配信リンクはこちら ●リリース情報 『Disney Glitter Melodies』Serph 9月16日発売 【CD only】 品番:UWCD-1078 価格:¥2,700+税 仕様:1CD 予約はこちら 【初回生産限定盤デラックス・エディション】 品番:UWCD-9022 価格:¥5,000+税 仕様:1CD+Tシャツ同梱キラキラBOX 予約はこちら <CD>※デラックス・エディションのみ13曲収録 01. A Whole New World [Aladdin] ホール・ニュー・ワールド [アラジン] 02. Main Street Electrical Parade [Disneyland(R)] メインストリート・エレクトリカル・パレード [ディズニーランド(R)] 03. Let It Go (End Credit Version) [Frozen] (feat. 牧野由依) レット・イット・ゴー~ありのままで(エンドソング)[アナと雪の女王] (feat. 牧野由依) 04. True Love’s Kiss [Enchanted] 真実のキス [魔法にかけられて] 05. Part of Your World [The Little Mermaid] パート・オブ・ユア・ワールド [リトル・マーメイド] 06. Beauty and the Beast [Beauty and the Beast] 美女と野獣 [美女と野獣] 07. On My Way [Brother Bear] ぼくの旅 [ブラザー・ベア] 08. Under the Sea [The Little Mermaid] アンダー・ザ・シー [リトル・マーメイド] 09. Speechless [Aladdin] スピーチレス [アラジン] 10. Good Company [Oliver & Company] いつでも一緒 [オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり] 11. When You Wish Upon a Star [Pinocchio] 星に願いを [ピノキオ] 12. It’s a Small World [New York World’s Fair] 小さな世界 [ニューヨーク・ワールドフェア] Special Track(※デラックス・エディションのみに収録) 13. Let It Go (End Credit Version) [Frozen] (feat. Yui Makino) *English Version レット・イット・ゴー [アナと雪の女王] (feat. 牧野由依) ※英語版 店舗別特典情報 ・TOWER RECORDS:クリアファイル ・Amazon.co.jp特典:メガジャケ ・その他法人共通特典:ポストカード <Serphプロフィール> “魔法仕掛けの電子音楽家”と称される「Serph」は東京在住の男性によるソロ・プロジェクトで、ピアノと作曲を始めてわずか3年で作り上げた1stアルバムを2009年に発表し、外資系CDショップのチャートにランクインして話題に。自身の作品以外にも、他アーティストのリミックスやトラックメイキング、CMやWEB広告の音楽、連続ドラマの劇伴、プラネタリウム作品等の音楽なども手掛けている。 そんなSerphが手掛けた今回のアルバム『Disney Glitter Melodies』は生楽器とエレクトロニクスのオーガニックな融合、ジャズやクラシックを基調とした美しい旋律やプログレッシヴに展開される、まるで童話のように空想的でポップなサウンドが、普遍的なディズニーのメロディーと融合したファンタジーあふれるドリーミーな内容となっている。 アルバムには「ホール・ニュー・ワールド [アラジン]」「パート・オブ・ユア・ワールド [リトル・マーメイド]」「美女と野獣 [美女と野獣]」「星に願いを [ピノキオ]」などディズニーの永遠の名曲や、「メインストリート・エレクトリカル・パレード」「小さな世界」など誰もが知る名曲が収録される。 9月16日(水)にはアルバムの配信とCDが発売され、通常盤CDに加え、ディズニー作品では初となるTシャツが同梱されたデラックス・エディションも発売される。Tシャツやジャケットのイラストは、Serph作品のイラストを手掛ける河野愛が担当。 また、デラックス・エディションのみ牧野由依ヴォーカル曲「レット・イット・ゴー」の英語バージョンが収録される。

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】