Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

漆黒のマレットヘア&パンクな目もとで、映画のなかの“半グレ”ヒロインになりきって!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

映画好きのカルチャーガールなら、誰しも一度はヒロインに憧れて、ヘアやメイクを真似したことはない?! スクリーンの中の彼女た ちは、いつも私たちに勇気をくれる頼もしい存在。今回、そんなメイクの楽しみ方を伝授してくれるのは、パンキッシュなルックスで注目を集めるモデル、Nanami(Instagram:@mys_nanami)。東京で生まれ育ち、大学卒業後からフリーランスでモデル活動を開始。SNSを通じて海外メディアやブランドともやりとりしている彼女は、80~90年代のグランジロックや、大好きな映画のキャラクターに触発されることで、独自のアイデンティティを築いてきたそう。 「私がいつも映画でインスパイアされるのは、ちょっと性格悪そうだったり、グレている不良少女(笑)。いまは『ドラゴン・タトゥーの女』の主人公に影響されて、髪を真っ黒に、眉毛も白く染めています」。少し前までは『クローサー』のナタリー・ポートマンに憧れて赤髪を楽しんでいたけれど、いまの気分はとにかくダーク! 真っ黒なマレット風ヘア、不健康そうな囲み目シャドウ、眉なしフェイスで攻めたムードを楽しむのにハマっている。「元がタレ目なので、目もとのメイクは強くしっかりめに。アイラインも跳ね上げて、幼く見えないよう調整しています」

囲み目にはナーズの2種のブラウンシャドウを使用。「少しグレイがかった絶妙なトーンがお気に入り。まぶたの上下にグラデーションをつくって寝不足な感じを演出します」。リキッドタイプのアイライナーは、上まぶたのキワに細くひいて目尻をハネ上げ。加えて下まぶたの粘膜ぎりぎりに、デジャヴのペンシルでラインを引くのもポイントなんだそう。「DHCのマスカラはカール&ボリュームが長く続くのにじみにくく、朝まで踊る日にもってこい。ブリーチした眉は、RMKのアイブロウマスカラで毛を立ち上がらせて形状をキープ」 <左から時計まわりに>ナーズ シングルアイシャドウ 2004N、ナーズ シングルアイシャドウ 2035N、RMK アイブロウジェル、デジャヴュ ラスティンファインクリームペンシル リアルブラック、ベルサイユのばら リキッドアイライナー ブラック、DHC ボリュームマスカラEX ブラック

【関連記事】