Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

存在自体が「奇跡」の生きた「化石」! レトロすぎる「新車」5+1選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Auto Messe Web

コロコロ変わっちゃいけないのです

 かつては4年サイクルが主流と言われた国産車のモデルチェンジサイクルだが、最近は伸びつつあり5年や6年というのも一般的だ。しかし、それはあくまで日本の常識。世界にはもっと長くモデルチェンジせず、生きた化石のように生産されているモデルもあり、クラシカルなデザインはある意味魅力的。今回は、そんなクルマを紹介しよう。 【画像8枚】世界的な「化石」のようなレトロ新車6車種、我らがランクル70もそこにいた!

1)ラーダ・ニーヴァ

 ロシアの自動車メーカーである「アフトワズ」が「ラーダ」ブランドで販売している全長3.7m~4.5mのコンパクトSUV。1977年と40年以上前に生産が始まり、フルモデルチェンジすることなく作り続けられている。  そんな長寿命とクラシカルなスタイルからは意外だが、車体構造はフレーム式ではなくモノコックと今どきのSUVのトレンドを先取りしているのが面白い。駆動方式はフルタイム4WDだがセンターデフロック付きで、意外に悪路走破性も高い。  日本への正規輸入はないが、こんなクルマが今でも新車で買えるなんて奇跡と言っていいだろう。ちなみにメーカーの「アフトワズ」はロシア最大の自動車メーカーであり、2014年にはルノー・日産がその経営権を取得している。

2)ワズ・バン

 同じくロシアの自動車メーカー「ワズ」が製造販売している「バン」のデビューはなんと、ニーヴァよりも前の1958年。なんと60年以上の歴史を誇るシーラカンスのようなモデルだ。  車体は全長4.3m×全幅1.9m。現在、新車並行輸入として日本で販売されているモデルの多くは2.7Lのガソリンエンジンを搭載している。駆動方式はパートタイム4WDで、軍用車両をルーツとするだけあり頑丈さと悪路走破性の高さが自慢。パワーステアリングやクーラーも設定されているのは、クラシックで無骨な見た目からはどう考えても意外だ。

3)ワズ・ハンター

 メルセデス・ベンツ「Gクラス」やランドローバー「ディスカバリー」がついにモデルチェンジして今どきのクルマとなってしまったいま、注目したいのが「ワズ・バン」と同じワズ社が生産しているSUVの「ハンター」。  ルーツは軍用車両として1972年に発売された「UAZ469」で「ハンター」その民生用改良版だ。つまりGクラスやディスカバリーと同じ背景で生まれたモデルある。それゆえに悪路走行性能の本格派だ。  並行輸入車として日本でも手に入れることができる。

【関連記事】