Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライオンズの“食”を確立させる――愛情深く選手に接する管理栄養士/ライオンズ「チームスタッフ物語」Vol.08

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

グラウンドで躍動する選手たちだけではなく、陰で働く存在の力がなければペナントを勝ち抜くことはできない。プライドを持って職務を全うするチームスタッフ。ライオンズを支える各部門のプロフェッショナルを順次、紹介していく連載、今回は食事の面からチームを支える管理栄養士を紹介しよう。

学生トレーナーから管理栄養士へ

 管理栄養士だが選手の球場入りに目を凝らす。 「食べ物や飲み物を手にして来る選手も多いですから。何を持っているのかな、と。あと、表情を見ますね。元気だったり、疲れがすごく出ていたり、選手個々の状態が見て取れますから」 “観察すること“を大事にしています……と柔らかな笑みをたたえながら話す姿からは、あふれんばかりの“母性”が感じられる。きっと、選手全員に対してあふれんばかりの愛を持って日々、食事に対してのアドバイスを送っているのだろう。  2019年5月、西武球団は学校法人帝京大学と業務委託契約を締結し、同大学が持つスポーツ医科学の専門的知見から選手の栄養管理を強化し、パフォーマンスの向上を図ることを発表。同大学のスポーツ医科学センターに所属する管理栄養士2人が球団に派遣されることになったが、その1人が虎石真弥だった。 「プロ野球球団をチームとして見るのは初めて。野球を勉強しましたね(笑)」  虎石が管理栄養士を志したきっかけは大学時代にある。専修大学アメフト部で学生トレーナーを務めていたが、ケガ人が続出。選手に対して懸命に施術していたが、思うようにいかない中、チームドクターから「体の中から変えるアプローチをしてみてはどうか」とアドバイスをもらった。それまでチーム全体が食に対して無頓着。練習後はカップ麺を食べたり、炭酸飲料を飲んだり、好きなように飲食物を口にしていた。タイミングよく、管理栄養士がアドバイザーとしてチームに加入。トレーナー活動と並行しながら、栄養面からコンディションを整えるためのアプローチをするようになった。  もともと将来、スポーツの現場で働くことを夢見ていた虎石は管理栄養士に興味を抱き、大学卒業後は専門学校へ。しっかりと知識を蓄え、経験を積んだ後、管理栄養士の資格を取った。最初に勤務した会社ではオリンピアンや帝京大ラグビー部などのサポートにかかわったが、やがて経験値のみに頼ることに不安を抱き、退社して女子栄養大大学院へ進学。骨と栄養に関する研究をテーマに、エビデンスを取り入れた栄養サポートを考えるようになった。その後、2011年に帝京大スポーツ医科学センターに入り助教となって、今に至る。

【関連記事】