Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「目ヂカラUP」のカギはフレームにあり!大人のアイライナー正解・全工程まとめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

マスク時代の“美人印象”は“目もと”が9割!さりげないのに深みのあるアラフォーの上品な目ヂカラはこのステップで作る 【写真】美容プロのおすすめコスメ一覧 マスク時代のアイメイクの主役は断然ラインとマスカラ。品よく目ヂカラ断然アップのテクがこちら! ☆私が教えます! ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん その時々の旬を絶妙に取り入れたナチュラルキュートなメイクで大人気。モデルや有名人からの指名も多数

2種のラインとマスカラでさりげなく深めるのがコツ

「その人の顔立ちよりもメイク感が前に出るのはやはりNGですね。もとの素材を効果的に引き出すことがアラフォーのアイメイクには大切」と中山さん。そのポイントとなるのがアイラインとマスカラだ。アイラインはインラインにペンシルかリキッド、まつ毛ぎわにシャドウラインというように2タイプを使い分け、黒マスカラでカールアップ、が上品目ヂカラの基本。「シャドウライン、インライン、マスカラの3種の微妙な濃淡がフレームラインに自然なグラデとメリハリを演出するので、さりげないのに深みが生まれて、目もとがすごく印象的になるんですよ」

【アイライン編】

これが大人のアイライナー、全工程! さりげないのに深みのあるアラフォーの上品な目ヂカラはこのステップで。

Step1. ラインを描く前にビューラーでまつ毛アップ

ラインはまつ毛の根元ギリギリに描くのが大切。ラインを描く前にまつ毛をビューラーで上げておくと、よりラインが描きやすくなる。

まつ毛の根元からなだらかにカールしている上げ具合がアラフォーには上品。なお、アイホールのアイシャドウはカールの前に

Step2. 茶のジェルorリキッドでまつ毛とまつ毛の間を埋める

まずは、くっきりと強めに描ける茶のジェルペンシルかリキッドで、まつ毛とまつ毛の間をつなぐように目頭~目じりまで埋めていく。

まつ毛の間を埋めるラインは、片方の手でまぶたを引き上げつつ、あごを上げて、まつ毛の根元をしっかり見えるようにして描くのがコツ。

Step3. まつ毛の根元の下側、粘膜の部分も目幅分埋める

目を開けた時に、まつ毛の根元の下の粘膜部分が見える場合は、そこも2で使ったジェルペンシルで目頭から目じりまで目幅分埋める。

置き型の鏡を使う場合は、目線より下げた位置に鏡を置くと、まつ毛の根元が見えやすくなる。この場合も、もう片方の手でまぶたを上側に引き上げて。

【関連記事】