Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人材難の日本企業「外国人労働者=低コスト」の甘すぎる思考

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

国内製造業の人手不足は深刻です。若手社員にこそ任せたい下流工程の仕事を中堅以上の社員が担わざるを得ないため、受注能力や処理能力が低下し、ひいては業績にまで影響を及ぼしています。しかし、新卒も経験者も捕まらず、かといって人材派遣や請負業者ではコストに難があるというのが実態です。それでは、外国人の人材はどうでしょうか?※本連載は、株式会社アールテクノの代表取締役である吉山慎二氏の著書『ゼロからわかるオフショア開発入門』(幻冬舎MC)より一部を抜粋、編集したものです。

国内人材では、コストに見合う結果が得られない

あわよくば新規採用を視野に入れつつ、派遣社員や請負業者を利用しながら、だましだましで現状の人手不足をしのいでいる…というのが、多くの製造業の現場の実態ではないでしょうか。 中堅社員の負担を減らすには、とにかく“手”を増やすしかありません。しかし新規採用を通して即戦力と出会える確率はほとんど皆無に等しい。かといって、ある程度経験のある派遣社員に来てもらい、自社の業務のイロハを教えながら仕事を分担させるのはコストがかかり過ぎる。しかも派遣社員は、繁忙期だけ供給を受けるような利用の場合、前回教えた派遣社員がまた次の機会にも来てくれるとは限らない。つまり、教える時間と手間、何より費用がムダになる可能性も高いでしょう。 請負業者の場合、技術×環境という二つの側面からのマッチングが難しい場合が少なくありません。仕事ぶりを観察することができないせいで細かい指導はできず、納品データの出し戻しのやり取りの手間もバカにできません。したがって、社内の従業員の負担を大幅に減らす手立てとしては決定的とは言い難い…。 会社のエンジニア部門の人的体制の穴を国内人材の調達によって塞ごうとすると、どんな方法であっても、「帯に短したすきに長し」という評価になってしまうというのが、多くの経営者および部門長が長年抱いている感覚ではないかと思います。もはや、ずっとこの問題が解決されないせいで、頭を悩ませるのに疲れてしまったという方もいるはずです。 国内人材の調達で不満が生じてしまう大きな原因の一つは、やはりコストです。コストがかかるから、雇用をするにしても、人材派遣を利用するにしても、請負業者を利用するにしても、「それなら、もっといい人が欲しい」「より的確に動いてもらえるサービスを利用したい」といった見返りを求める気持ちが強くなってしまうわけです。 もちろん「安かろう、悪かろう」では困りますが、ここで人材を調達するコストをある程度大幅に削減することができたら、ソリューションに対する感想も変わってくるはずです。有り体に言えば、もし「値段の割に、いい人を使えている」という状況を生み出すことができれば、人材不足の状況下でも希望を持つことができるはずです。 少し前置きが長くなりましたが、そんな考え方から、今度は外国人の人材を調達して人手不足を解消する可能性について考えてみたいと思います。

【関連記事】