Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「新型コロナウイルス」関連破たん (株)鹿角パークホテルが破産申請へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東京商工リサーチ

鹿角市花輪地区で最大級の規模のホテルを運営

 (株)鹿角パークホテル(TSR企業コード:220121168、法人番号:2410001006564、鹿角市花輪字堰向30-1、設立1980(昭和55)年3月、資本金3000万円、藤田郁夫社長)は5月1日、破産申請を虻川高範弁護士(秋田中央法律事務所、秋田市山王6-8-41、電話018-865-0388)ほかに一任した。  負債総額は債権者約90名に対して約5億円。    鹿角市花輪地区では最大級の規模を誇る「鹿角パークホテル」を経営していた。宿泊や宴会、会合など幅広いニーズに対応し、1995年12月期にはピークとなる売上高約7億円を計上した。しかし、その後は地区内の人口減少や同業者との競合などで苦戦を余儀なくされていた。近年は季節ごとのイベント開催や限定メニューなどでレストランの集客アップを図ったが奏功せず、2019年12月期の売上高は2億277万円に留まり、1984万円の赤字を計上し、財務内容を悪化させていた。スポンサー支援による事業継続などを模索していたが、「新型コロナウイルス」感染拡大の影響から2020年4月の売上高が前年同月の2割にまで落ち込み、資金繰りが急速に悪化。事業継続が困難な状況となり、今回の事態となった。