Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

辻元舞さん「2人目育児はよりパパの存在が大きい」|VERY

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
magacol

2019年10月号のVERY本誌に掲載された企画『出産前の友だちよりも心配な「友だちの夫」に贈る100の言葉』が一冊の書籍に。ありそうでなかった“ママになる妻のトリセツ”が子育て世代から大反響!今回から5回に渡って、VERYモデルたちの読書感想を公開します。第2回は、辻元 舞さんです!

辻元 舞さんが気になった言葉は…

“上の子可愛くない症候群を救えるのは、パパの力だよ!” 2人目育児はよりパパの存在が大きい! 上の子のことをずっと可愛いと思い続けられたのはパパのおかげです! 産後のママはどうしても「赤ちゃんを守らないと」という気持ちが強くなるので、2人目の産後こそパパの存在が重要。ママ友から“上の子が可愛くない症候群”の話を聞いていたのと、妊娠中から長男の壮絶な赤ちゃん返りが始まっていたので、事前に「私は長男、赤ちゃんはパパ担当ね」と決めました。早めに母乳からミルクに切り替えて次男をパパに任せ、私は長男とお出かけしたことも。もし私が1人で新生児育児もしていたら長男が甘えたい時にも余裕がなくて親子の関係が悪化していたかもしれません。赤ちゃんに関しては調べられても「夫婦の関係がどう変わるか」は知る機会が少ないかも。2人目はパパの出番が増えるので、第1子で経験済みだから大丈夫と思わずこの本を読んでほしいですね。

■辻元 舞さん

1987年生まれ。テーマパークでダンサーをしていた時にスカウトを受けてデビュー。2016年に長男、2018年に次男を出産。テレビ『プレバト!!』で披露する絵画の腕前も話題に。

撮影/杉本大希(zecca) ヘア・メーク/KIKKU 取材・文/増田奈津子 編集/羽城麻子 *VERY2020年9月号「あなたが木になる言葉はどれ? ただ今好評発売中!私たちの#出産前の友だちよりも心配な友だちの夫に贈る100の言葉」より。

【関連記事】

最終更新:
magacol