Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新星ケルヴィン・ハリソン・Jrに注目!話題作が続々控える次世代スター

配信

シネマトゥデイ

 映画『ルース・エドガー』(6月5日公開)と『WAVES/ウェイブス』(近日公開)での演技で注目を浴びる新星ケルヴィン・ハリソン・Jr。両作が日本公開を控える今、その魅力に注目したい。 ケルヴィン・ハリソン・Jrの緊迫の演技『ルース・エドガー』予告編【動画】  1994年にルイジアナ州ニューオーリンズに生まれ、双子の姉とともにミュージシャンの両親のもとで育ったケルヴィン。名門ニューオーリンズ・センター・フォー・クリエイティブ・アーツでジャズを学び、その後に映画を勉強するためにニューオーリンズ大学へと進んだ。そして、第86回アカデミー賞作品賞などに輝いたスティーヴ・マックィーン監督の『それでも夜は明ける』(2013)でデビューを果たした。

 2017年には『イット・カムズ・アット・ナイト』での演技により、ゴッサム・インディペンデント映画賞のブレイクスルー俳優賞にノミネートされて大きな注目を浴びた(このときの受賞者は『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ)。そんなケルヴィンのさらなる飛躍の後押しをしたのが、まもなく日本で公開を控える話題作『ルース・エドガー』『WAVES/ウェイブス』だ。

 ジュリアス・オナー監督の『ルース・エドガー』でタイトルロールに抜てきされたケルヴィンは、主人公である17歳の少年を演じている。バージニア州の高校に通うアフリカ系アメリカ人のルースは成績優秀なスポーツマンで、スピーチを得意とする非の打ち所がない人物。バラク・オバマの再来とも目されていたが、あるとき歴史教師からルースが危険な過激思想に染まっており、同級生への性的暴行事件にも関わったのではないかという告発を受けたことで物語は大きく動き始める。

 アメリカの歴史や政治、人種問題に鋭く切り込む同作を支えているのが、謎めいた複雑なキャラクターのルースを体現するケルヴィンの演技力。「完璧な優等生か? 恐ろしい怪物か?」という映画のコピーが示すように、全編を通じて二面性を孕んだルースを巧みに演じ、この映画が提議する複雑多岐にわたる問題に説得力を与えている。息子の言動に戸惑う両親役のナオミ・ワッツとティム・ロス、ルースと対峙するアフリカ系の女性教師を演じたオクタヴィア・スペンサーなどの実力派たちと堂々と渡り合ってみせた。

【関連記事】