Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『攻殻機動隊 SAC_2045』より不動の人気〈タチコマ〉が駆け巡る本編映像が解禁!

配信

アニメージュプラス

2020年4月23日(木)よりNetflixにおいて全世界独占配信がスタートした『攻殻機動隊』シリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』にて、タチコマが大活躍する本編映像が解禁となった。 【関連画像】不動の人気“タチコマ”が駆け巡る本編映像シーン(2点) 『攻殻機動隊』シリーズは、1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表し、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた。 最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEED』シリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルをとる気鋭の作品となっている。 “タチコマ”は、公安9課が保有していた多脚思考戦車で、現在は草薙素子率いる傭兵部隊において運用されている。マニピュレータと擲弾(てきだん)発射器及び熱光学迷彩等を備え、人工ニューロチップを用いたAIを搭載し、自ら思考し自律的に行動する。 全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、計画的かつ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した世界の荒廃した街を、草薙素子と共にタチコマが駆け巡る! その疾走感は見応え十分で、AI搭載のドローンや戦車からの攻撃もしなやかにかわし、華麗に反撃を繰り広げる。 タチコマは、先日、Twitter絵文字のニュースがトレンド上位にランクインするなど、不動の人気を誇る。愛くるしさと力強さを兼ね備えたタチコマが大活躍する本編映像をチェックして、これからの展開に備えよう!

アニメージュプラス 編集部

【関連記事】