Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ドファーっと出そう」YAMAHAの“ピアノ仕様”消毒液スタンドに反響

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、密集、密閉、密接の“3密”を避けたり、手洗いをこまめにしたりするなど、新しい生活様式が浸透してきた。感染予防のため、都内の飲食店やスーパーなどでは、ほとんどの店舗で入り口にアルコール消毒液が設置されている。そんな中Twitterでは、消毒液に関する“ある投稿”が話題になっている。 【映像】ペダルと鍵盤は本物! YAMAHAの“ピアノ型”消毒スタンド  打ち合わせで“とあるオフィス”に行ったところ、入り口の消毒液スタンドが特殊な仕様になっていたという投稿主の岡部淳也さん。画像つきで投稿されたツイートには「面白いアイデア! お洒落ですね~!」「これ欲しい!」「ドファーっと出そう」などの声が殺到し、11万超の“いいね”(※9月4日13時現在)がつく反響が寄せられている。  実は、ここは楽器や半導体、自動車部品などの製造販売を手がけるYAMAHAのオフィス。入り口のアルコール消毒スタンドは、床に置かれたペダル(本物)、ピアノの鍵盤(本物)があるまさに“ピアノ仕様”だ。鍵盤の上にはYAMAHA音楽教室公式キャラクター「ぷっぷる」ちゃんもいる。  ニュース番組「ABEMAヒルズ」のスタッフが担当者を取材すると、このスプレースタンドのペダルは「立ったままつま先で楽に踏み込める気配り構造」で、鍵盤は「ひじでも押せるように工夫」。子供でも届く高さに設定されている。  YAMAHA担当者によると「新型コロナウイルス感染予防対策のため、社内で手の消毒を推奨していたのですが、市販のスプレースタンドが品薄状態だったため、自社で製作することにしました。せっかくなのでYAMAHAらしさを出せればということで、ピアノのデザインになりました」とのこと。「基本的に従業員用なので社内や工場への設置が主」で、商品化の予定はないが「YAMAHA銀座店にも設定しています。スタンドを目にしたお客様や従業員に大変好評です」と明かした。 (ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

【関連記事】