Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

口グセは「男とか興味ないし~」“気取らない私”アピールが強すぎる女の対処法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
with online

横澤夏子さんによる、“オンナ生態分析“! 今回は、「気取らない私」のアピールが強い“自然体が不自然な女”からサバイバルする方法を伝授します! 横澤夏子が斬る!【オンナ生態分析】はこちら

■基本スペック 趣味/舞台鑑賞 口癖/男とか興味ないし 好きなスポット/オーガニックカフェ マイブーム/朝ヨガ、編み物 悩み/恋愛のエンジンがかからない

■自然体が不自然な女のインスタ 「手作りピアスの着用画像」 「やっぱり何でも手作りが心地よいよね♪」と、さりげなく自分のセンスをアピール。

「気取らない私」の 演出があざとい……

いつの時代も「気取った女」は存在すると思いますが、現代のSNS社会には「『気取ってない私』を演出する気取った女」が多いと思うんです! いつもダボダボなパジャマみたいな服を着ていて、だいたい足元はぺたんこ靴。「今日も手抜きメイクでお出かけ~」とか言いながら、カフェインレスコーヒーを片手に自撮り……いやいや「女優の休日」かよ! ナチュラル派のキャラ作りに余念がない様子が、逆に不自然に見えてしまうんですよね。 このタイプの女が身近にいたら大変です。都心から2時間かかる郊外にある美味しいパン屋さんだとか、神保町の古本屋で出会った小説だとか、「都会の喧騒から離れてリフレッシュする私」のエピソードを聞かされるハメになります。こちらが「土日はずっと寝てた」なんて言ったら、小バカにされてしまうかも!? 何かとポジショントークを仕掛けてくるので、対抗手段として私も“女優“っぽさを演出しようかな。 というのも、私、『ローカル線ガールズ~私、故郷に帰ってきました』という映画で主演を務めさせていただくことになりまして。先日、無事に撮影が終了したので……どうやらドッキリじゃないんですよ(笑)。だから私も、今後は芸人ではなく“女優“としてのライフスタイルに注目されちゃったりして!? うふ♪ いや、ちょっとくらいチヤホヤしてやってくださいよー! だから皆さん、ダボダボな服を着て歩く私を見かけたら「気取ってなくて素敵!」って言ってくださいね♪ これまでのように「横澤夏子だ! 顔デカ!」はナシよ。うふ!

今月のサバイバル術!

「ごめん! ちょっとこの仕事手伝って!」 自然体のキャラ作りや休日トークに付き合っていると疲れてしまうので、とりあえず頑張って働いてもらいましょう(笑)。相手は自分のナチュラルなリズムを乱されるのが嫌だと思うので、とにかく近寄ってきたら「仕事を手伝って」と言う! そのうち話しかけてこなくなるかも!?

【関連記事】