Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャサリン妃、子どもに休暇をナイショにして勉強させていたことに「罪悪感」

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ウィリアム王子とキャサリン妃夫妻が、ジョージ王子とシャーロット王女にはイースター休暇であることを教えず、在宅学習を続けさせていたことを明かした。 【写真】ジョージ王子と父ウィリアム王子はそっくり! お揃いコーデ10選 夫妻は先週金曜、BBCの朝の番組『Breakfast』に出演し、新型コロナウイルスのパンデミックが人々のメンタルヘルスにもたらしている影響について語った。 キャサリン妃は、夫妻が私邸アンマーホールから在宅ワークで新しいキャンペーン「Every Mind Matters」を支援している間、子どもたちにも在宅学習を続けさせたことを「とても意地悪」に感じたと明かした。 「子どもたちに言わないでくださいね。私たちはイースターのホリデー期間中もそのまま勉強を続けさせていたのです。とても意地悪な気持ちになりました」と、キャサリン妃。 ウィリアム王子が在宅学習を「楽しい」と表現した一方で、キャサリン妃は、子どもたちのエネルギーとスタミナは絶えることがなく、「難しい」とも加えた。 またウィリアム王子は、4月23日に2歳になるルイ王子は、家族がビデオ電話をしている時にいつも邪魔することも暴露。 キャサリン妃はウィリアム王子にこう話す。「あなたのお父様(チャールズ皇太子)や、私の両親や家族などは、こういう大変な時だからこそ、子どもたちとコンタクトをとりたがっているわね。正直、ちょっと慌ただしくなりますね、2歳児がいると」 「どういうわけか、ルイは赤いボタンを見ると必ず押したがるんです」と、ウィリアム王子は笑っていた。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper's BAZAAR UK

【関連記事】