Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤琢磨氏など世界のトップドライバーが自宅から参戦、リアル大会中止もオンラインで盛り上がるバーチャル・カーレース

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

視聴回数19億回超えのF1も中止・延期に、新型コロナの影響受けるモータースポーツ

ピークは過ぎたようだが、第2・第3波の可能性が拭えず、予断を許さない新型コロナショック。東京オリンピックの延期を含め世界各地では大型スポーツイベントが延期・中止に追い込まれている。 フォーミュラワン(F1)やNASCARなどのモータースポーツも例外ではない。 2020年、F1は過去最高となる22カ所でのレース開催を予定していたが、その半数近くを中止・延期にすることを決定。スポーツ専門チャンネルESPNが公表しているF1レース情報(4月14日時点)によると、3月15日のオーストラリアGPと3月22日のバーレーンGPは中止。4月3日のベトナムGP、4月19日の中国GP、5月3日のオランダGP、5月10日のスペインGPが延期となっている。 また5月24日に予定されていたモナコGPは当初延期となっていたが、このほど中止の決定が下された。このほか6月7日のアゼルバイジャンGP、6月14日のカナダGPが延期、6月28日のフランスGPが中止となっている。 F1グループのCEOチェイス・キャリー氏は、最良のシナリオとして、夏ごろの再開を想定、15~18レースの実施を検討しているとのこと。ただし、これはかなり楽観的なシナリオに基づいた予測であり、難しいと見る関係者も少なくないようだ。 F1レースはこの数年、世界の観戦者数が右肩上がりに伸びており、今回の中止・延期は、その成長に水を差す形になる。F1グループによると、2019年のテレビとデジタルプラットフォームを合わせた累計観戦・視聴回数は3年連続の増加を見せ、19億2200万回に達した。前年比では9%増になるという。 増加が著しいのは、ポーランド(前年比256%増)、中東・北アフリカ(228%増)、ギリシャ(75%増)、オランダ(56%増)、イタリア(29%増)、ドイツ(23%増)など。ユニークユーザー数は世界全体で4億7100万人。全体では前年比でマイナス3.9%となったが、トップ20市場では0.3%増の4億550万人に増加した。 ニールセンの調べでは、2019年世界27市場におけるF1のファンベースは5億人以上。ソーシャルメディアやデジタルプラットフォームを通じた若い世代のファンの増加が顕著になっている。2017~2019年の新規ファンのうち62%が35歳以下だった。

【関連記事】