Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今まで以上にサッカーのある日常を楽しみながら|森島寛晃(C大阪社長)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 日本代表としても活躍した“ミスター・セレッソ”こと森島寛晃氏は現在、セレッソ大阪の代表取締役社長としてクラブ経営に奮闘している。  社長就任2年目の2020シーズンは好スタートを切った矢先、新型コロナウイルスの猛威によってリーグが中断。前例のない多くの困難にぶつかった。それでも、森島寛晃氏は持ち前の明るさを失わず、選手、クラブスタッフ、サポーター、地域の方たちと協力、連係しながら一つひとつ困難を乗り越えてきた。  いよいよ再開するJ1リーグ。「少しでも元気や活力を与えられるように」と意気込む森島社長はサッカーのある日常を今まで以上に楽しみながら、力強く前へと進んでいく。 取材・文=山本剛央 写真=セレッソ大阪、Jリーグ、白井誠二    ──2019シーズンは社長就任1年目でした。どんなシーズンでしたか? 森島 クラブにとっては記念すべきクラブ創設25周年のシーズンでした。(ミゲル・アンヘル)ロティーナ新監督を迎えて、チームの体制も刷新したなか、AFCチャンピオンズリーグ(以下ACL)出場権とタイトル獲得を目標に掲げてスタートを切りましたが、序盤はなかなか噛み合わなかったところもありました。得点を奪えずに勝ち切れない試合が続いてしまったり……。しかし、終盤は右肩上がりに調子を上げ、最後の12試合は9勝1分2敗という好成績を残すことができました。選手もボールもスムーズに動くようになりましたし、守備面でも25失点とリーグ最少を記録。順位は5位でしたが、34試合で39得点だった攻撃面をもう少し改善できれば、優勝争いに加わっていけるのではないか。そういった期待を抱くことができたので、今シーズンにつながる1年になったと思います。 ──社長業としてはいかがでしたか? 森島 いろいろな経験が足りないなかでのスタートになりましたので、自分が先頭に立ってみんなを引っ張っていくということは正直、1年経っても満足にできなかったなという印象です。まずは市役所や区役所、スポンサー各社さんなどにご挨拶に行くことがスタートラインでした。そうしたなかでセレッソが地域密着というか、地域の人たちに応援していただいていることをクラブとして、私個人としても大事にしていかなければいけないと強く思いました。ただ、やはり1年目は周りのスタッフに支えられたことが大きかったと思います。クラブスタッフは本当に大変ですが、みんなよく頑張ってくれています。 ──そして迎えた2020シーズン。JリーグYBCルヴァンカップでは松本山雅FCを4-1、J1リーグ開幕戦では大分トリニータを1-0で勝利し、連勝スタートを飾りました。 森島 非常にいいスタートになりましたね。キャンプからいい準備ができていたし、チームからも一体感を感じられていました。新しく入った選手たちがチームにいい刺激を与え、競争も活性化している。「すごく楽しみだな」と思っていましたし、実際に最初の2試合でその期待感が結果としても表れて、「さあ、ここから行こう!」という空気になっていたのですが……。

【関連記事】