Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

皮膚が薄く敏感肌……女優が肌改善した話題の石けんオフスキンケア【中村ゆりさん】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webマガジン mi-mollet

儚さの中に意志の強さを感じさせる……、数々のドラマに出演し、オンリーワンの美しさが支持を受けている女優の中村ゆりさん。8月に発売された人気本・石けんオフメイクシリーズの最新刊で、初めてモデルを務めています。 究極の敏感肌から試行錯誤を重ね揺らぎのない肌になるまでの過程を教えてくれました。 【写真】NHK朝ドラでも活躍する女優・中村ゆりさんの透き通る肌

 中村ゆり 1982年3月15日生まれ。大阪府出身。2003年より女優活動をスタート。映画『パッチギ!LOVE&PIECE』(2007年)の演技が注目され、数々の演技賞を獲得。現在は朝ドラ『エール』(NHK)や水曜ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)に出演中。また9月26~27日に日生劇場で上演される三島由紀夫没後50周年企画「MISHIMA2020」『真夏の死』への出演するほか、2021年公開予定の映画『愛のまなざしを』が控えている。今年、石けんオフメイク研究会のメンバー入り。最近の愛用コスメはタカミの高濃度ビタミンC化粧液、APSソリューション。  

10年前に試した石けんオフメイク、その進化に衝撃を

石けんオフシリーズの最新刊『肌がきれいになる 石けんオフメイク&知的スキンケア』でモデルを務めている女優の中村ゆりさん。実は個人的に、10年ほど前に石けんオフできるファンデーションを使っていた時期があるそう。 「私の肌って、メイクさんからもよく言われるのですが、皮膚がすごく薄いんです。そのせいか刺激に弱くて。人生で初めてメイクをしたときは、吹き出物ができてしまったくらいなんです。それで扱いに困って、ナチュラルなものだけに切り替えた時期もありました。 そのとき、石けんオフできるファンデーションを初めて使いました。一般的なものと比べると、肌色のトーンが少し落ちてしまう印象があって。私の使い方も上手ではなかったと思うんですけど、クレンジングが必要なファンデーションとは落差があるな、と感じていました」 それが今回、書籍のモデルの仕事をきっかけに、10年ぶりにさまざまな石けんオフコスメに触れてそのクオリティの高さに衝撃を受けたと言います。 「あのときと全然違う!と驚きました。ファンデーションはしっかりカバーしてくれるけど艶感がある。しかも今では色味も本当にたくさんあるんですね。石けんで落とせるのに発色も質感も一般のものと遜色がないカラーコスメがたくさんあって。肌へのやさしさとメイクのクオリティの高さ、楽しさは両立できる時代なんだ、と嬉しい発見でした。 まだ今は、プライベートで石けんオフと普通のものを並行して使っていますが、これなら石けんオフメイク1本にしてもいいかなと思っているところです。 これまで、ベースメイクやポイントメイクで肌に優しく、仕上がりも良いものとなるとどうしても選択肢が少ない気がしていたんです。でも石けんオフアイテムなら、皮膚が薄い人にも向いている。私は仕事柄、普段はしっかりメイクをしていただくのですが、そうやってプライベートでバランスを取るようになっただけでも、肌はかなり安定してきましたね」

【関連記事】