Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ジャンヌ・ダルクは火あぶりになるからイヤ」築地の女性たちが絶望した小池百合子の“二枚舌”

配信

文春オンライン

「勉強しないでも平気なの?」カイロ時代の小池百合子に同居人が覚えた違和感 から続く 【画像】築地市場を訪問し、仲卸業者たちを前にスピーチする小池都知事  コロナに脅かされる首都の命運を担う政治家・小池百合子。女性初の都知事であり、「次の総理候補」との呼び声も高い。  しかし、われわれは、彼女のことをどれだけ知っているのだろうか。 「芦屋令嬢」として育ち、謎多きカイロ時代を経て、キャスターから政治の道へ――。常に「風」を巻き起こしながら、権力の頂点を目指す彼女。『 女帝 小池百合子 』(石井妙子著、文藝春秋)は、今まで明かされることのなかったその数奇な半生を、ノンフィクション作家が3年半の歳月を費やした綿密な取材のもと描き切った。  小池百合子氏が都知事に当選した翌年に行われた2017年の都議選では、築地市場の豊洲移転問題が大きな争点となった。「築地は守る、豊洲は活かす」と打ち出した裏側では何が起きていたのか。『女帝 小池百合子』より一部を抜粋する。

仲卸業者の意見を熱心に聞き入った

 小池は都議選直前の6月17日、一度だけ築地市場に足を運んでいる。  集められた仲卸業者を前に、小池は豊洲の汚染が酷かったため移転中止の決断をした、無害化できない状況を申し訳なく思っている、と述べて頭を深々と下げた。移転を中止したまま、結論を出さずにいる小池に対して、仲卸業者は不満を募らせており、小池が頭を下げても部屋の空気は冷ややかだった。  その後、豊洲への移転反対派、賛成派、双方の仲卸業者が意見を述べた。小池は大きく頷きながら、熱心にメモを取りつつ聞き入った。  ひととおり仲卸業者の意見を聞き終えると、小池は立ち上がりスピーチを始めた。すると、会場の空気は一転した。美声で感情たっぷりに、築地への愛を切々と訴えたからである。

「築地は皆さん自身が培ってこられた目利きの力」

「皆さんに何よりもお伝えしたいのは、この築地という、世界にも稀に見るブランド力のある築地は皆さん自身が培(つちか)ってこられた目利きの力であり、ここに来る間に貼られていたポスターにも書かれていましたが、『築地市場の心意気だ』と。本当にそうだと思います。それによって築地の歴史が作られてきた。その歴史をあっという間に消し去るなんて、私にはできない!」  会場は静まりかえった。目利きの力と心意気が作った築地の伝統を壊したくないと語る都知事に皆、胸打たれていた。 「だからこそ、皆さんの声を直接伺って、どうすることがいいのか。お詫びに加えて、皆さんのご意見を伺いたい、というのが今日の私の趣旨でありました。場合によっては頻繁にここに伺ってもいいと思っておりまして。この築地という東京の宝、それをいかに守って継続して、発展させていくのか、ここは皆さんと知恵を出し合いたいと思っているんですよ」  移転賛成派も反対派も一様に都知事のスピーチに感激し、拍手が起こった。さらに小池は、一瞬、口ごもると、言いにくそうにある話を切り出した。

【関連記事】