Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NTTデータと「Billboard JAPAN」が脳科学とAIを活用して将来のヒット曲の予測に成功

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

NTTデータとNTTデータ経営研究所、阪神コンテンツリンクは、脳科学とAI(人工知能)で音楽トレンドを可視化する新サービスを9月から始めた、と9月4日に発表した。将来のヒットソング予測やストリーミング配信リスト作成などに活用し、レコード会社や音楽出版社、マネジメント会社、広告代理店などにトライアル提供する。 どんな特徴を備えた楽曲がトレンドになり、今後どうなるのかを定量的に評価できるので、音楽マーケットへの適応が期待できる。(1)トレンド曲の特徴を踏まえたリリース曲選定(2)CMタイアップ曲や発信プラットフォームの選定(3)新人アーティストの発掘・育成(4)配信プレイリスト制作(4)海外市場のモデル化と利用--などで音楽業界を支援する。 脳活動を推定する技術「NeuroAI」をもつNTTデータと、日本でビルボード・ブランドのマスター・ライセンスを持つ阪神コンテンツリンクは、「Billboard JAPAN」の「総合ソングチャートHOT 100」の楽曲で2019年9月から共同研究してきた。脳が感じる刺激が似ている曲を選んだり、4カ月先のヒット曲を予測したりする技術開発に成功した。