Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あつ森、花の交配はどれくらい正しいの? 「青いバラ世代」のかはく研究員に聞いてみた

配信

エキサイトニュース

ニンテンドースイッチ史上最大のヒットと言われる「あつまれ どうぶつの森(以下、あつ森)」。気ままな無人島暮らしが楽しめることが魅力のゲームだが、博物館や島の生態系などがかなり作り込まれており、これまでもネットを中心に大きな話題を呼んできた。あつ森の博物館に関しては、国立科学博物館(以下、かはく)の化石研究員にインタビューしているのでそちらも確認してほしい(※関連記事参照)。 なかでも最近話題のひとつとなっているのが「青いバラ」だ。あつ森には「交配」と呼ばれる花どうしをかけ合わせて新しい花を生み出す方法があり、「青いバラ」はその交配で得られる花のなかで最も難易度が高い花とされている。 では、この「青いバラ」の交配の仕組みは実際どれほど作り込まれているのだろうか? 今回はかはくの研究員で、実際に青い花を専門に研究されている水野貴行さんに「青いバラ」についてのお話を聞いてみた。

青いバラって本当にあるの? ――あつ森でもっとも咲かせるのが難しいと言われている「青いバラ」ですが、現実に青いバラってあるんでしょうか? 水野貴行(以下、水野):ありますよ。有名なのは「グレイパール」や「スターリングシルバー」といった品種ですね。これは遺伝子組み換えではなく、交配だけでがんばって青を目指て作られたものです。青系と呼ばれますが、皆さんのイメージする青とは違うかもしれません。 それから、青いバラに憧れた日本人が作った「青龍」という品種もあります。

特にグレイパールは70年以上前に作られたもので、そんなにも前から青いバラを作りたいと思って目指していた方々がいたんです。 ――花の中でも「青いバラ」は特に咲かせるのが難しいんでしょうか? 水野:そうですね。まず、青色というのは複雑な色で、元々はアントシアニンという赤の色素に青くなる様々な要素が関わってできているんです。つまり「赤から紫、紫から青……」とステップを踏んで青くしないといけません。

【関連記事】