Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“王二世”阿久沢氏がBリーグ群馬の社長に就任「日本一目指す」

配信

サンケイスポーツ

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の群馬は1日、クラブの新体制発表会を行い、かつて“王二世”として甲子園を沸かせた阿久沢毅氏が社長に就任した。  「お話をいただいて驚いたが、県内各地を回って行く先々で期待され、『日本一になれるのでは』と感じた。熱い気持ちをクラブに伝えることが日本一への原動力になると思う」  阿久沢新社長はあいさつした。  運営会社、群馬プロバスケットボールコミッションの吉田真太郎取締役によると昨年、クラブのスポンサーとなった不動産会社のオープンハウスが先月、クラブを完全子会社化。この過程でクラブの運営を見直す中で、「群馬で知名度があること」「一緒に日本一を目指す熱い思いがあること」を条件に社長を選考。県内で抜群の知名度を持つ阿久沢氏に白羽の矢が立ったという。  阿久沢氏は群馬・桐生高時代の1978年、センバツで王貞治以来の2試合連続本塁打を放つなどし、プロからも注目された。しかし地元の群馬大から教員になり、高校野球の監督として多くの生徒を育てた。  クラブは来季に向け、B1のチームから複数の選手を迎えて強化。阿久沢氏は「新体制と新しい選手の加入で勢いが増している。両輪をいかに回せるかが私のミッション。日本一のクラブを作るため一丸となって戦う」と決意を表した。

【関連記事】