Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ガイアックス社長・上田祐司】日報はYouTube、辞める時はツイッター

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

コロナショックによる「在宅シフト」で、会社と個人の関係や働き方が改めて問われている。経営・マネージメント層に、コロナで気づいた新たな課題を聞く「在宅シフトで何が変わった?」。 【全画像をみる】【ガイアックス社長・上田祐司】日報はYouTube、辞める時はツイッター 5回目は、ガイアックス・上田祐司社長。同社はSNSやシェアリングエコノミーを事業とするだけでなく、退職した社員(新卒採用)の6割が起業する起業家輩出企業として知られる。 上場したApp BankやLITALICOのほか、アカツキに買収された、そとあそびなど気鋭の起業家が続出。社員と会社の関係も投資先とVC(ベンチャーキャピタル)に近い。 働き方の自由度はもともと高いが、コロナ禍を経て社員の裁量権をさらに拡大している。「もはや出勤は義務ではない。権利だ」という。その真意は?

「うちはもう社員は出勤しなくていいことにしました」

“出勤再開うつ”が話題になっていますが、うちはもう社員は出勤しなくていいことにしました。 出勤は義務ではない。むしろ、「出勤したい時はしてもいい」ということで、社員の“権利”として捉え直し、1カ月2万円、4半期で計6万円までの出勤交通費を補償する制度に切り替えました。 つまり、原則リモート。5月に入ってすぐ、本部長会議を開いて「通勤とは一体何なのか?」という議論をみんなでしたんですよ。そこで決めました。 出勤にしろリモートにしろ「会社がOKを出す」というのが、僕の中でも腑に落ちなくなったんですね。「え? 会社がOKって。誰が? どう許可を出すの?」と思った。 特にコロナ禍の中では、部長が“PCR検査の専門家”とかならまだしも、判断の根拠は誰がするにしても薄いじゃないですか。会社が個人の身の振り方まで決める時代でもありません。 もちろん、職種や会社によって状況や考え方は違う。違っていい。ただ、「出勤は義務」とかリモートを許可する・しないというのは、もう、うちの会社のビジネスやリズム感にも合わないという判断です。

世界一周しながらリモート営業

ガイアックスは、そもそも独立起業を促し、「社員のやりたいことのおこぼれに預からせていただきます」というスタンス。できるだけ社員の邪魔をせず、サポートするのが上司の役割。これからも、どんどんリモート体制を強化していくことになると思います。 すでに、社員も多拠点で働いていましたからね。例えば、世界一周をしながら働いている営業社員がいます。彼女は、旅の行程や宿泊先をすべて取引先のクライアントにオープンにし、インターネットの接続環境がいいホテルが取れると、「環境いいので、○日に打ち合わせしませんか?」と持ちかける。 コロナで帰国しましたが、そんなぶっとんだリモートワークを2カ月も続けていた。 去年の新入社員で今年2年目の社員の中にも、似たようなのがいます。誰が許可したのか全然知らなかったんですけど、「僕、(地元の若者のために)広島で働きたいんです」といって、新人研修が終わった去年の6月からずっとリモートで働いている社員がいます。 自社のことながら「ひでぇな!」とも思うんですけれど(笑)、先ほどの営業社員の例で言えば、彼女が優秀だから顧客も合わせてくれているとはいえ、顧客でさえここまで融通してくれているのに、会社が社員を通勤で縛るなんて筋が通らない。そもそも出社率も低い。肌感ですが、最も低い年末で20~30%。緊急事態宣言後は2~3%といった状況です。

【関連記事】