Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メーガン妃が39歳に! 英国王室の公式SNSが祝福メッセージを投稿。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

メーガン妃が8月4日、39歳の誕生日を迎えた。英国王室の公式SNSでは、2018年にエリザベス女王とともにチェスターを訪問した際のメーガン妃の写真を「サセックス公爵夫人、お誕生日おめでとう!」とメッセージを添えて投稿した。またチャールズ皇太子とカミラ夫人、ケンブリッジ公爵夫妻(ウィリアム王子とキャサリン妃)の公式SNSでも、メーガン妃のスナップを投稿してバースデーを祝福している。 エリザベス女王との初公務でジバンシィのワンピースを着用したメーガン妃【写真】

メーガン妃はこの3月に王室の主要メンバーからヘンリー王子とともに退き、現在はロサンゼルスで暮らしている。8月11日には、王室離脱の経緯なども綴られているという自伝本『自由を探して(原題:Finding Freedom)』が出版予定だ。 ヘンリー王子夫妻へのインタビューをもとに王室ジャーナリストのオミッド・スコビーとキャロリン・ディランが執筆した本書では、メーガン妃がキャサリン妃と初めて会った際、英国王室御用達ブランド、スマイソンのノートを贈ったことなどの秘蔵エピソードも紹介している。 またウィリアム王子が、ヘンリー王子に対して 「あの子(メーガン)をよく知るために時間をかけるよう」 忠告、慎重に物事を進めるよう弟に助言したことにより、兄弟間に亀裂が生まれたことを示唆。「あの子(this girl)」の2語に、ヘンリーは自分が嫌悪するスノッブな印象を受けたのです。10年間の従軍、王室の外での経験を通して、人をアクセントや学歴、人種、階級、職業などで決めつけるべきでないとヘンリーは学んできましたから」と綴られているそうだ。

【関連記事】