Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“シングルマザー”という決断を経て変わっていく女の友情と生き方…リアルな女友達を演じた三吉彩花&阿部純子 『Daughters』インタビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 東京・中目黒でルームシェア生活を送る小春と彩乃。共に好きな仕事を持ち価値観の合う二人は、悠々自適な独身生活を送っていた。しかしある日、彩乃が妊娠。シングルマザーになるという決断を経て、二人の関係や仕事観、家族との向き合い方、そして生き方も変わっていく…。映画『Daughters』が9月18日に公開される。小春を演じた三吉彩花と彩乃を演じた阿部純子。スクリーンを通して見えたのは、まるで二人の暮らしをのぞいているかのようなリアリティ。三吉と阿部はどのようにその空気を作り上げたのか。10ヶ月にも渡る撮影期間を振り返ってもらった。

クランクイン前に舞台のアパートを訪問

 これまで共演経験のなかった二人は、同じ事務所に所属しているものの、廊下ですれ違うほどの面識。同作での共演が決まった際の当初の印象は、お互いに「三吉ちゃんはいつも黒いお洋服でシックにキメているので、最初はどんなお話から始めたらいいんだろうと緊張しました」(阿部)、「お互いにどういう方なのか全くわからない状態からスタートして、私も最初何から話していいか分からなくて、性格とかも真逆なんだろうなと思っていた」(三吉)というものだった。  しかし、二人が演じるのはルームシェアをするほどの信頼関係を築いている女友達。できるだけその関係に近づきリアリティを出そうと、三吉は撮影前に一つの提案をする。クランクイン前に、小春と彩乃が住む中目黒の部屋を実際に訪れてみようと阿部を誘ったのだ。 「台本をいただいた段階で、三吉ちゃんが舞台となったアパートに一緒に行こうよって誘ってくれたんです。小春と彩乃、二人で住んでいるのに、撮影が始まってしまうとどうしてもみなさんがいらっしゃるので、二人だけでアパートに行ったらどういう感じになるんだろうねって」(阿部)  お互いに好きなものを買って中目黒のアパートでお昼ごはんを食べながら、おしゃべり。そうして過ごすうちに、二人の空気は打ち解けたものに。 「だんだん時間が経つと、結構しゃべる方なのだと気づきました(笑)。そういう時間があったから、あの空気を作れたんだと思います。純ちゃんは、どんどん自分の話、興味のあることを話してくれて、好奇心がすごく強い方だった。そこから自分も(心を)開きやすくなりました」(三吉) 「三吉ちゃんは、話してみるとすごく話しやすくて、かっこいいし頼り甲斐のある方でした。撮影が進むにつれて補い合えるような関係性になっていったと思います。私にないものを三吉ちゃんは持っていて、火をつけてくれる瞬間がたくさんありました」(阿部)

【関連記事】