Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ婚活パーティーはよく中止になるの?裏事情を調べてみた!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Suits-woman.jp

婚活パーティーに申し込んだのに、前日に参加者が集まらなくて中止の連絡が来たという話をよく聞きます。なぜでしょうか?事情を調べてみました。

婚活パーティーに申し込んだはずなのに……

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。 医療機関でシフト制で働く法子さん(仮名・30代前半)は、マッチングアプリを使って婚活をしていました。しかし、アプリでは、10人とやり取りをして会えるのは3人程度。効率的じゃないと感じて、土日に婚活パーティーに申し込んでみたそうです。 20代と比較されたくないので30代前半が有利になりそうな、30代向けの婚活パーティーに申し込んだとのこと。 しかし、前日に「参加者数が足りず申込された婚活パーティーは開催できません。同じ日の●時に別の婚活パーティーがありますので、こちらに参加しませんか?」と電話がかかってきたそうです。 そこで、仕方がなくそのパーティーに参加した法子さん。参加男性は40代も多かったそうです。翌月に申し込んだパーティーも直前に中止という連絡が来て、他のパーティーを勧められたのでした。 なぜ、こんなに婚活パーティーは中止になるのでしょうか?

婚活する人が増えてるのは、マッチングアプリユーザーが増えているから

婚活実態調査2019(リクルートブライダル総研)によると、婚活サービスを利用する方の数はずっと増えています。2013年に一番利用者が多い婚活サービスがマッチングアプリになりました。そこから、ずっと一番利用者が多い婚活方法はマッチングアプリです。 婚活パーティー利用者数も減ってはいませんが、婚活イベントの数も増えさらにマッチングアプリや相席屋といったほかの婚活方法もライバルで、1つ当たりの婚活パーティーの利用者数は減っているのです。 大介さん(仮名・30代前半)は昨年「参加者定員300人」と書いてある街コンに申し込んだそうです。ところが、実際に参加したら参加者は30人程度だったとか。 2012年ごろならば、参加者数100人規模の街コンもたくさんあったのですが、現在はそこまでの規模のイベントはないでしょう。

【関連記事】