Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゆうちょ銀行が8つの決済サービスに対する即時口座振替を一時停止 「PayPay」「LINE Pay」では不正出金も確認

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia Mobile

 ゆうちょ銀行は9月15日、Webを介した即時振替サービスについて、一部の決済サービスに対する新規申し込みとチャージ(振替)を順次、一時的に休止することを発表した。停止対象となるサービスのうち、「PayPay(ペイペイ)」と「LINE Pay(ラインペイ)」「メルペイ」については、サービス提供会社から不正出金の事実が公表されている。 PayPayからのお知らせ 【追記:11時】メルペイでも不正出金が判明したことを受けて追記を行いました。それに伴い、タイトルも一部変更しています

停止対象のサービス

 Webを介した即時振替サービスを一時休止するのは、以下の決済サービス。いずれも、ゆうちょ銀行の「2要素認証」を未導入だという。 ・支払秘書(ウェルネット) ・PayB(ビリングシステム) ・PayPal ・PayPay ・メルペイ ・ゆめか(ゆめカード) ・LINE Pay ・楽天Edy  なお、既報の通りNTTドコモの「ドコモ口座」と、Kyashの「Kyash(キャッシュ)」については既に停止している。  同社では、2要素認証の導入に全力で取り組み、決済事業者と連携して利用者の安全確保に努めるとしている。

PayPay、LINE Payメルペイでは不正出金を確認

 ゆうちょ銀行の即時振替サービスを巡っては、PayPay、LINE Payやメルペイを使った不正出金事案が明らかとなっている。  PayPayでは、2020年1月以降の8カ月間で17件、総額141万5141円の不正出金が明らかとなった。いずれも同サービスが規約で定めている「全額補償制度」の対象となるため、申告があったユーザーに対しては補償を実施済みか準備中だという。  なお、PayPayでは9月から、一部の金融機関の口座を登録する場合にeKYC(電子的方法による本人確認)を実施している。ゆうちょ銀行もその対象で、対象への追加後に登録された口座では不正利用は発生していないとのことだ。  LINE Payでは、2020年に入ってから2件、合計49万8000円の不正出金が確認されたという。ただし2件共に、悪意のある第三者による出金ではなく、被害者の身近な人物が出金したことが確認されているか、その可能性が高いという。  メルペイでは3件、合計49万8113円の不正出金が確認され、既に全額を補償する対応を進めているという。  再発防止策として、金融機関の口座登録を新規登録する際にeKYCを義務化する。また、既存ユーザーが金融機関口座からチャージする場合についても、リスク評価に応じてeKYCを実施するように改める。

ITmedia Mobile

【関連記事】