Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クマムシ佐藤、ベッドシーツを2年間替えずダニに食われる

配信

SmartFLASH

 お笑いコンビ・クマムシの佐藤大樹が、6月27日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)で、不潔な生活ぶりを語った。  約3年半交際しながら、2019年末に破局していた社長令嬢モデル・デコウトミリに、5月2日放送の同番組で再度告白し、復縁を果たした佐藤。  破局した原因は、彼女の誕生日に、佐藤が3万円のコースディナーをおごろうとするも、会計を見て払えないと悟り、割り勘になったことが原因だったという。  6月27日、佐藤が彼女になぜ復縁を許してくれたのか尋ねると、「(MCの)有吉弘行さんやスタッフも周りにいて、準備してくれているなかで、みんなの前で告白されて(断ったら)悪いな、と…‥。とりあえずOKしようと思った」と、空気を読んでのOKだったと言われていた。  緊急事態宣言が解除され、佐藤がデコウトミリの自宅を久しぶりに訪問すると、佐藤は「かゆい~」と、全身をボリボリと掻き始めた。デコウトミリは佐藤の体を見て、掻き過ぎで「全身ブッチブッチしてた」と思ったという。  皮膚科に行ってもらうと、ダニに食われていたことがわかり、佐藤も「ベッドシーツ2年間替えてないからかなぁ……」と思い当たる節はあるようだ。  デコウトミリが治療費・交通費を払おうか、と聞くと、「自分で払うから大丈夫!」と偉そうに言われたとも明かした。  復縁してから1カ月が経過したが、佐藤がダニに食われたこともあり、デコウトミリは「予期せぬことを起こしてくれて楽しいな」と、なぜか再評価していた。  2月4日放送の『踊る!さんま御殿!!』(同)に出演したデコウトミリは、佐藤と別れた理由についてこう語っていた。 「(佐藤の)足の裏にウイルス性のイボがあって、それで私の家を裸足で歩かれたくなかったのに、『絶対に俺は治さないんだ』と言うから別れました」  佐藤は、イボの次はダニに襲われたのだった。

【関連記事】