Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

かはく研究員も就職したい『あつ森』博物館の魅力 「絶対に恐竜好きが作ってる」

配信

エキサイトニュース

「あつまれ どうぶつの森」、通称・あつ森に登場する「博物館」は実際どれくらい本格的に作り込まれているのか? 博物館のモデルともされる国立科学博物館(以下、かはく)の化石研究者に、あつ森の博物館を案内してもらう当企画。 前編(※関連記事参照)では、地下にある「化石の博物館」のなかでも特に古代生物と小型恐竜の化石を中心に解説をお聞きした。後編となる今回は、大型恐竜と哺乳類の展示について聞いていく。

――博物館の地下にある「恐竜の広場」には、真ん中に大きな恐竜が2体展示されていますね。 對比地孝亘(以下、對比地):ブラキオサウルスが展示されているのか。これができる博物館はたいしたもんですよ。

このブラキオサウルスって、こういう姿勢で組むとかなりの高さがあるので、天井が高くて広い博物館じゃないと無理なんです。 對比地:このディプロドクスもそうですね。こっちは横に長いんですよ。最大で25メートルくらいにもなります。

田中庸照(以下、田中):この2体は、かはくでもなかなか展示できない恐竜ですね。 對比地:いいなぁ。こんなに実物がそろっているなら、僕もこの博物館に就職したいな。 ――就職したいという視点で考えたことはなかったです(笑)。かはくでもなかなか見られない化石をこの距離で見られるなんて、本当にあつ森は贅沢ですね! 化石だけじゃない! 展示方法へのこだわり ――この展示室の奥の方には隕石が展示されていて、逆側にある部屋の出口には地球に落ちる隕石の模型があります。

對比地:恐竜だから(絶滅の原因になった)隕石が展示されているんですね。 木村由莉(以下、木村):しかも、部屋にいる恐竜たちの頭の上を横切って、隕石が落ちるというイメージで作られていますね。この展示かっこいいな~!

對比地:あと、隕石が部屋の出口のところに展示されているのも意味がありますね。この部屋は中生代の化石で、次の部屋は新生代の化石だから、ここに隕石が落ちているのはここが「中生代の終わり」であることを表しているのでしょう。

【関連記事】