Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中川大志、清原果耶が主演 アニメ『ジョゼと虎と魚たち』で朝ドラ『なつぞら』の2人が共演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KAI-YOU.net

田辺聖子さんの同名小説を原作にした劇場版アニメ『ジョゼと虎と魚たち』が12月25日(金)に公開決定。 【画像】中川大志、清原果耶が演じるアニメ版キャラクターをもっと見る 同時に、声を担当するキャストとして、中川大志さんと清原果耶さんのダブル主演も明らかになった。 最新情報はキャストだけにとどまらない。主題歌をEveさんが担当、作品世界と向き合いながら書き下ろした楽曲「蒼のワルツ」を提供する。 あわせて解禁された特報映像では、主題歌「蒼のワルツ」をバックに、中川さん演じる恒夫と清原さん演じるジョゼが、コミカルなやり取りを繰り広げている。

実写映画も印象深い『ジョゼと虎と魚たち』がアニメ化

小説『ジョゼと虎と魚たち』は田辺聖子さんの代表作で、2003年に犬童一心監督のもと、妻夫木聡さん、池脇千鶴さん主演で実写映画が公開されている。 海洋生物学を学びながら、留学するためにバイトに明け暮れる大学生・恒夫が、外出したことのない少女・ジョゼと出会い、ぶつかり合いながらも距離を縮めていくラブストーリーだ。 17年ぶりの映像化となる劇場アニメでは、『おおかみこどもの雨と雪』で助監督や、『ノラガミ』の監督をつとめたタムラコータローさんが、アニメ映画初監督。 脚本は『ストロボ・エッジ』の桑村さや香さん、キャラクターデザインは『妖狐×僕 SS』『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子さんが手がけ、制作はボンズが担当する。 コンセプトデザインには自身も短編アニメ映画が決まったイラストレーター・loundrawさん、音楽には『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の劇中BGMなどを手がけたEvan Callさんが参加と、青春恋愛小説の金字塔のアニメ化に注目のクリエイター陣が集結した。

アニメーター描いた朝ドラに出演していた2人の共演

アニメで恒夫を演じる中川大志さんは、ドラマ『家政婦のミタ』で注目を集め、NHK大河ドラマ『真田丸』をはじめ数々の映画やドラマに出演。『賭ケグルイ』『坂道のアポロン』『四月は君の嘘』といった、漫画の実写化作品への出演も多い。 一方、ジョゼ役の清原果耶さんは、NHK連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューを果たすとその魅力と演技力で一躍脚光を浴び、初主演をつとめたドラマ『透明なゆりかご』では自身も複数のアワードを受賞している。 両者の主演と聞いてピンときた人も多いかもしれないが、2人は2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演。中川さんは主人公のアニメーター・奥原なつの夫である坂場一久を、清原さんはなつの行き別れの妹・千遥を演じた。 日本アニメの草創期を描いた『なつぞら』への出演を通じてアニメーション制作に触れた2人が、一役者としてアニメ『ジョゼと虎と魚たち』にどのように向き合うのか、注目していきたい。

【関連記事】