Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子どもによるまちづくりイベントの元祖「ミニ・ミュンヘン」がコロナ禍でさらに進化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

最近子ども達の間では、ゲーム上で街づくりや職業体験ができるマインクラフトなどのシミュレーションゲームが人気を集めている。ゲームの中だけではなく、リアルな世界でも子ども達が社会の仕組みを学んだり、将来どのような仕事に就きたいかイメージを膨らませられるよう、日本でも様々な仕事体験イベントが行われている。 最近では職業体験に留まらず、子どもだけで「まち」をつくり動かしていく「こどものまち」プログラムが、日本で200か所ほどに広がりを見せているが、実はその発祥となっているのは、ドイツ・ミュンヘンで1979年に国際児童年を記念して始まった大規模イベント「ミニ・ミュンヘン」だ。

子ども達によって行政・政治・ビジネスなどが運営される都市「ミニ・ミュンヘン」

ドイツのミュンヘンでは、2年に一度子どもによる疑似都市が出現する。40年の歴史を持つこのイベント「ミニ・ミュンヘン」は、実際の都市を舞台にした、巨大なシミュレーションゲームのリアル版だ。7月末から8月中旬の3週間に渡って行われるミニ・ミュンヘンに参加できるのは、7歳~15歳の子ども達。前回2018年の開催時には、世界から33000人以上の子ども達が集まった。 ミニ・ミュンヘン市内では、都市の活動に必要な様々な機能・機関が全て、子ども達によって運営される。たとえば子どもランドリーは、市の裁判所で働く子ども達が使うローブを洗濯する。市役所で働く子どもが手紙を出す時は、子ども郵便局に行って切手を買う。図書館で働く子どもが新しい郵便受けを必要とすれば、子ども大工のところで作ってもらう。そして各行政機関や組織は、市議会に必要な資金を申請し、市議会は税金をどのように振り分けるか議決する。もちろん市議会を運営するのも子ども達だ。 このように、ミニ・ミュンヘンは実際の都市を舞台にした巨大なリアル・ロールプレイングゲームだ。子ども達の役割や仕事のポストは各日の始めに決まるが、業務内容が細かく定められているわけではない。子ども達自身がやるべきことを考え、必要な人と連携し、必要なものを調達しながら「仕事」を実現させていくのだ。子ども達が高いレベルで意思決定を行い、ゲームをコントロールしていくことが、ミニ・ミュンヘンの大きな特徴となっている。

【関連記事】