Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

英・放送局 チャンネル4 の ファーストパーティデータ 戦略:3つの新ツールを導入

配信

DIGIDAY[日本版]

英・公共テレビ局チャンネル4(Channel 4)は広告ターゲティング力の強化を図り、自社ストリーミングプラットフォーム、オール4(All 4)においてオーディエンスを狙い撃つ3つの新ツールを導入した。サードパーティクッキーが消え去ろうとするなか、データプライバシーに慎重な広告主の恐怖の軽減が目的だ。 新ツールの1つ、ブランドマッチ(Brandmatch)は、パートナーのデータプラットフォームプロバイダー、インフォサム(Infosum)の中立的プラットフォームを介し、オール4が有する登録ユーザー2300万人のファーストパーティデータに広告主をアクセスさせるものだ。このいわゆるデータクリーンルームは当該情報をほかのどことも共有しない。つまり、広告主がクリーンルームに自身の顧客データを入れ、チャンネル4のデータとオーバーレイすることで、ターゲットオーディエンスを絞り込むことが間もなく可能になる。もしもマッチするデータが法外に少ない場合は、パートナーのメディアリズミクス(Mediarithmics)を介し、オール4はオーディエンスセグメントをターゲットオーディエンスに合わせて作成し直すこともできる。同社が1年を費やして開発したこのツールは、すでに6つの顧客が利用している。 「我々の顧客の多くは貴重なファーストパーティデータを豊富に持っている。その一方で、自身のデータセットと抵触してもバイイングを行なうべき、ごく限定的な、しかし明らかに拡張性の高いプラットフォームが存在する、Facebookもそうだ」と、チャンネル4のデジタル&パートナーシップイノベーション部門を率いるジョナサンズ・ルイス氏は指摘する。 テレグラフ(The Telegraph)やイミディエイト・メディア(Immediate Media) といったパブリッシャーも、ファーストパーティデータのオーバーレイを売りにして広告主を呼び込んでいる。加速するこの動きの背景にあるのが、Google ChromeによるサードパーティCookieのサポート打ち切りの発表だ。

【関連記事】