Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

唾液による新型コロナPCR検査 受ける側が注意すべきこと

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 今月2日より唾液によるPCR検査が可能となった。ただし希望すれば誰もが受けられるわけではない。発熱などの症状発症から9日以内の有症状者が対象で、保険適用されるという。唾液は、滅菌容器に患者自ら1~2ミリリットルを採取する。採取時間は5~10分以内。検体採取に携わる医療従事者は、サージカルマスクと手袋を装着するだけでいい。  これまで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断のために広く行われているPCR検査では、鼻咽頭から検体を採取している。しかし、鼻咽頭の奥に綿棒を差し込む際にくしゃみやせきを誘発してしまう場合があり、検体採取時に医療従事者が感染リスクにさらされる。このため、採取する医療従事者は、サージカルマスクと手袋に加え、ゴーグルやフェイスシールドといった眼の防護具、長袖ガウンを装着する必要がある。  しかし、今回唾液によるPCR検査が認められたことで、検体を採取する側もされる側も負担が軽くなるという。そのこと自体は歓迎だが、鼻咽頭や喀痰のPCR検査に比べて唾液はウイルス数が少なく、鼻咽頭や喀痰では陽性でも唾液では陰性となるケースはないのか? 「プライベートケア東京」(東京・新宿)の尾上泰彦院長が言う。 ■食後2時間以上経ってから 「鼻咽頭や喀痰の方が唾液よりもウイルス量が多いといわれています。そのため、今回の唾液検査も比較的ウイルス排出量の多い、“発症から9日以内”と限定されています。加えて、検査を受ける側がしっかりしていないと正しい結果が得られない恐れもあります。例えば、検査の直前に食事をしたり、水を飲んだり、口臭が気になるからと洗口剤をつかったり、ガムを噛んだりすると、口腔内のウイルスの量が減ってしまい、検査の精度が低くなってしまう恐れがあります」  実は尾上院長は性感染症の専門医。性感染症の診療現場では、クラミジアや梅毒などの性感染症の感染の有無を調べるために、10年以上前から咽頭や唾液によるPCR検査を行ってきたという。そこで検査を受ける側の行動で検査の精度が変わることを数多く経験してきたという。PCR検査は現在の健康状態を診るために行うもの。正しい結果を得たければ、変な見栄など考えず、ありのままの自分をみせることだ。

【関連記事】