Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

森三中・大島、黒沢の新型コロナ感染で「どうしようって思った」 2週間の観察期間を振り返る

配信

オリコン

 お笑いトリオ・森三中の大島美幸が、30日放送のMBS・TBS系トーク番組『サワコの朝』(毎週土曜 前7:30)に出演。今年4月に、メンバーの黒沢かずこが新型コロナウイルスに感染したことが判明したが、大島はある日突然“濃厚接触者”となった当時について「どうしようって思った。パニックでした」との思いを打ち明ける。 【写真】インパルス・板倉が声優の“ウガッティー”からツッコまれる村上知子  番組では、一歩も外に出ることなく自宅で過ごした、2週間に及ぶ観察期間についても回顧。小学4年生から中学1年生までいじめを受けていたという大島が、お笑いを目指し、“森三中”を結成するまでの経緯とともに、知られざる結成秘話も明かしていく。  元々は、黒沢、村上知子が2人で組んでいたコンビに、大島が加わる形でトリオが誕生したが、意外なことに一度加入を断られたと告白。さらに、あまりの衝撃から書籍化&ドラマ化された、夫・鈴木おさむとの“交際0日婚”の真相も語り、結婚話が浮上した時、鈴木さんには美人モデルの“彼女”がいた(?)というエピソードをはじめ、今だから話せることが次々と公開される。

【関連記事】