Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャロウェイから「マーベリックMAX FAST」登場! いったいどんなドライバー?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

キャロウェイのマーベリックシリーズに新たなラインナップ「マーベリックMAX FAST ドライバー」の追加が発表された。一体どのようなモデルなのか、詳細をお届けする。

気持ち良く振り抜ける「マーベリックMAX FAST」がラインナップに追加

キャロウェイのマーベリックシリーズに新たなモデルが追加となった。その名もマーベリックMAX FASTドライバー。 “ファスト”と名に付く通り、既存のモデルよりもさらに軽量化して振り抜きやすさを向上し、クラブスピードを速めて飛ばすというコンセプトのドライバー。過去作で言うと、2018年に発売されたローグシリーズの追加モデル「スピードスター」に相当するモデルだ。 簡単に振り切れるMAX FASTドライバーは、ヘッドスピードが落ちてきたがまだまだ振り抜いて飛ばしたいというアクティブシニアゴルファーや、レディースモデルの「MAX LITE」では物足りないと感じる女性ゴルファーにオススメのモデルに仕上がっているという。 総重量は約270グラム(オリジナルシャフトのRフレックス装着の場合)。ヘッドは従来の兄弟モデルと同様にチタンをベースにしつつ、クラウン部はカーボンに。さらにMAX FASTではソールの一部にもカーボン素材を使用。弾道調整機能を廃し接着型のホーゼルを採用することでさらなる軽量化を図ったという。 MAXと名が付いているものの、クラウンの形状は「MAX」よりもむしろスタンダードモデルの「マーベリック」寄り。マーベリックで採用されていたクラウン部分をフラットにして、ソールは後方に向かうにつれ高くなっていく「サイクロンヘッドシェイプ」をMAX FASTでも採用し、空気抵抗を軽減する形状であることでさらに振り抜きの良さがアップ。7グラムのスクリューウェートをヒール側に1つ配置し、つかまりやすさも兼ね備えている。 もちろん、AIが設計した「FLASHフェースSS20」を採用し、クラウンとソールを2本のバーでつなぐことでインパクト時の余計なヘッドのゆがみや振動を抑える「ジェイルブレイクテクノロジー」も兄弟モデルと同様に搭載されている。 見た目的にも、フェースからソールにかけてシルバーPVD仕上げが施されていることで、黒を基調としていたほかのマーベリックシリーズと少し違った印象となっている。ロフト角は9.5度と10.5度の2種を用意。ライ角は59.5度。ヘッド体積は460ccだ。

【関連記事】