Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「若手なら怒り狂ってる」勇壮な『博多山笠』が無い夏…担ぎ続けた男たち、撮り続けた女性の思いは

配信

FNNプライムオンライン

7月15日は本来、博多祇園山笠のクライマックス「追い山」のはずだった。 しかし新型コロナの影響で、男たちの勇壮な姿はない。 山笠を愛し、追い山のない夏を惜しむ博多の人たちを取材した。 【画像】公認の女性フォトグラファーは今年も…

願うのは新型コロナウイルスの収束

午前3時、福岡市の櫛田神社に集まったのは長法被をまとった山笠の男たち。 例年7月15日に行われる疫病退散の神事「祇園例大祭」に臨んだ。祈るは1つ、「コロナ」の収束。 博多祇園山笠振興会・武田忠也会長: いつもの年だとこれから太鼓台に向かう。なんとなく「本当に7月が来たのか?」という感じ 男たちが舁き山を担ぎ、博多の街を勇壮に駆け抜ける「追い山」。 太平洋戦争による中断から復活した1948年以降、途切れることなく続いてきた伝統が途絶える結果に博多の関係者は… 明太子ふくや・川原正孝会長: もし私が若手だったら、荒れ狂ってると思います 山笠の「てのごい」で作られたマスクをつけて取材に応じたのは、博多名物の明太子の創業メーカー「ふくや」の川原正孝会長。 明太子ふくや・川原正孝会長: 生まれた時から出てるんですね、自分なりに趣味って言ったら博多山笠ですから。「思い」っていうよりはライフワークですね。やっぱり山笠でみんな元気になるんですよね、本当に。景気も良くなるし 物心ついたころから70年近く山笠に参加し続けているという川原会長。 ふくやの創業者であり、中洲流の結成にも携わった父・俊夫さんから受け継ぐ生粋の「山のぼせ」。 生まれて初めての「追い山」無き夏を迎えることに、川原会長は… 明太子ふくや・川原正孝会長: 「仕事を一生懸命する」「体調も万全にする」で、周りの人から山笠行っていいよって言われるような努力をして、1年間みんな過ごしてるんですよね。このコロナが収まって山笠が担げるような環境に、それから山笠を見に来ていただけるような環境になって欲しい 山笠用品店ハンダ・半田昭二さん: ここの前も観光客の人がいっぱいいる。本来ならね かつての活気を懐かしむのは半田昭二さん。 30代で台上がりも経験した生粋の舁き手。山笠好きが高じて、博多で唯一となる山笠商品の専門店を営んでいる。 山笠用品店ハンダ・半田昭二さん: 本来なら、すごく活気があって勢いがあるとですよ。ところがね、ことしは無い 半田さんが丹精込めて一本一本手作りする舁縄。 この時期、例年なら300本ほど売れるが、2020年はいまだ0本。 山笠用品店ハンダ・半田昭二さん: 仕方ないですよね、ことしは。来年できるように頑張らないといけない。コロナ退散といってね、それが山笠の始まりやけんね

【関連記事】