Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“コロナ禍だからこそ、学べること” 修学旅行「実施」判断の小学校に密着 愛知・江南市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 自治体や学校によって、実施の判断が分かれる今年の修学旅行。  “コロナ禍だからこそ、学べることは多い”と、実施を決めた小学校に密着しました。

 愛知県の北西部に位置する江南市では、今年の修学旅行を実施するかどうか、判断は各学校に委ねられています。  市内にある小学校のひとつ、市立布袋小学校では、修学旅行を実施する判断をしました。 「狙いの一つは、学校外の場所で公衆道徳を学ぶこと。コロナ禍だからこそ、学べることは多いと考えています」 「修学旅行に行く判断も行かない判断も、どちらも間違いではない。100%の正解がない中で、自分にできることを精一杯考え、仲間と学び考え、話し合う指導を積み重ねていきたい」(江南市立布袋小学校 早川浩史 校長)

 どうすれば修学旅行を安全に楽しめるか。児童と一緒に考えることで、学びを深められるとのねらいです。  布袋小学校では本来、6月に修学旅行を実施する予定でした。新型コロナの影響で延期となり、秋シーズンの中でもピークを避けた9月上旬に実施することにしたのです。  例年と異なり、暑さの残る時期に修学旅行を実施することから、給水の呼びかけを徹底したり、屋内見学を増やすなど、熱中症対策も念入りに行われました。  例年と違う修学旅行ですが、やはり児童たちの楽しみは変わらないようで―― 「みんなでいろんなところに行くのが楽しみ」 「対策しながらいろんなとこ行って、学んで楽しみたい」(児童)

 9月3日、修学旅行当日を迎えました。今回の修学旅行は、1泊2日で奈良と京都を巡るコース。  140人の児童が、アルコール消毒と検温を済ませ、バスに乗り込みます。バスの台数も、4クラスに対し6台と増やし、密を避ける対策がとられました。  いざ出発…ですが、バスの中はとても静か。感染対策のため、児童が隣り合って座ることはなく、レクリエーションもなし。少し寂しいバス移動です。

【関連記事】