Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【みんなの反省会】秋華賞~核となる馬がしっかりしているときは逆らえないby増井TM

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

デスク 歴史的な一日だ。秋華賞で史上初となる無敗の3冠牝馬が誕生。オークスV以来だったデアリングタクトが、断然の単勝1番人気に応えて難なく偉業を達成した。増井辰之輔トラックマン(TM)も◎を打っていたけど、京都の内回りコースも、5カ月ぶりも関係なし。役者が違ったな。 増井TM そうですね。オークスからの直行でしたが、きっちり仕上げられていたし、ひと夏を越して馬体もビルドアップしていました。パドック周回後半にはテンションが高くなりましたが、1、2周多めに歩いたりして馬場入りを工夫していました。スタートはややアオりましたが、リズムを崩すことなく後方から。3コーナーからスッと手綱を緩めて進出を開始すると、後続勢も離れず迫ったとはいえ、手応えの差は歴然でしたね。直線で仕掛けられると、あとはこの馬らしい走りで完勝でした。 デスク 2着は10番人気のマジックキャッスル。君の▲が光っていたな。 増井TM ここは狙いのレースでしたからね。調教でもアーモンドアイをアオるくらいだったし、体調は上向いているんだろうなと。輸送を挟んでも馬体の立体感をキープし、落ち着きも十分でした。中団よりやや後方で折り合いに専念し、4コーナー手前で勝ち馬が動くと、マークする後方組が一気に仕掛けて出ましたが、ここではうまくスタミナを温存。直線は馬場の真ん中から馬群をさばき、勝ち馬の内から脚を伸ばして浮上しました。鞍上(大野騎手)の冷静なリードが光りましたが、実力を発揮した2着という気がします。 デスク 3着も伏兵、9番人気のソフトフルートだった。 増井TM スタートでアオって後方追走を余儀なくされ、4コーナーではかなり外を回らされるロスの多い展開でしたが、長くいい脚を使ってポジションを上げ、ゴール前ではしぶとく食い下がった4着馬を競り落とし、存在感をアピールしました。ディープインパクト産駒ですが、この馬は荒れた馬場が得意な感じもします。 デスク 2番人気のリアアメリア(13着)、3番人気のウインマイティー(9着)、4番人気のマルターズディオサ(7着)といった上位人気馬はいいところがなかった。 増井TM この日は外が伸びる傾向の馬場でした。内は全滅だったでしょう。リアアメリアは完歩の大きい馬で、きれいな馬場でやらせてあげたかったし、期待していたウインマイティーもこんな馬じゃないですから。 デスク そういえばスプリンターズSはグランアレグリアだったし、高配狙いがスタンスの君にしては1番人気の◎が珍しく続いている。 増井TM 次の菊花賞も…。核となる馬がしっかりしているレースでは逆らえないです。改めてそう感じました。でも、天皇賞くらいは穴党の出番があってほしいです。

【関連記事】