Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ついで買い」で後悔しがちな人へ!お金が貯まる人のオンラインショッピング術

配信

Suits-woman.jp

外出自粛の影響で、オンラインショッピングをする機会が増えた堅実女子も少なくないのでは?ついついその時の気分次第で、買うつもりのないものを買ってしまうことってありますよね。画面に表示されている「おすすめ」をただ見ているだけだったのに、いろいろ無駄なものを買ってしまったという失敗も。 お金が貯まる人は、欲しいものでもそう簡単には購入しません。すぐに消費するもの以外は、慎重に吟味して買う傾向にあります。それでは、具体的にどんなことを気にして買い物する習慣があるのかを見ていきましょう。

1個あたりの価格や量を気にする

お金が貯まる人は、欲しいものがあったとしてもすぐに買うということはありません。例えば、洗濯用洗剤が欲しいと思っていても、サイトで最初に目についた商品を買うことはないのです。 まず自分なりの市場調査を行ないます。どのメーカーからどんなものが出ていて、どんな特徴があるのか、口コミなども見ながら全体像を把握します。その上で、自分のライフスタイルに合わせて、1回の洗濯量が多いからジェルボール、少ないから少量で使えて無駄のない計量タイプの方がいいなどと考えたり。またセットになって売っているものは、何個入っているのか、何mlあるのかなどをチェックして、本当に得なのかを判断をします。 このように、お金が貯まる人は買い物をする際、多岐にわたってチェックしています。もちろん、いくつものサイトで値段を比較することも怠りません。ポイントサイトを経由してようやく購入となるので、消費に対して手堅くなります。だから、衝動買いはほとんどありません。

すぐ捨てるものか、長く使えるものかを考える

お金が貯まる人の目の付け所はわりとシンプル。お金があるからといって、何でも最上のものを選ぶということはありません。家電などは、いいものを選んだほうがランニングコストが安くつくことも多かったり、機能がたくさんあることで日々の生活が向上したりするので、高くても品質の高いものを買って長く使うことを好みます。ですが、長期的に見て、その後活躍する機会がなさそうと思えるものは、割り切って安いものを買ったり、何かで代替して買わない判断をしたり、時には中古で手に入れたりします。 お金が貯まる人は合理的な傾向にあるので、見栄を気にする人は少数派です。そのため、見るからに安いと思えるものを使っていたり、何の飾りもない味気ないものを使っていたりということは意外とあること。お金持ちに見えない人の方が、お金を貯めているということがあるのです。

【関連記事】