Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

引退会見直後“真相”語った…阪神・藤川球児独占取材「その辺の選手と比べ物にならない」一球に込める闘志

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
関西テレビ

 今季限りでの現役生活からの引退を発表した、阪神タイガースの藤川球児投手。その会見直後、カンテレの『こやぶるSPORTS』の独占インタビューに応じ、シーズン折り返し地点という異例のタイミングでの引退発表の真相などを語りました。  12日に同番組で放送されたインタビューの中で藤川投手は、引退発表に至った経緯について、「最後戦っていく上で、戦いぬくことが出来ない状態にあるっていうことは伝えたかった」とした上で、「来年1年、これから先、2年3年っていうのは明らかに考えられない コンディション」と話し、プロ野球選手としてコンディションが限界に来ていることを明かしました。  さらに「せめて出来てあと1ヵ月ちょっと。だけどその間に懸ける想いっていうのは、その辺にいる選手と比べ物にならないと思う。倒れるペースも早いけど」と続け、現役生活の最後までチームの戦力として戦い抜くため、激しく闘志を燃やしていました。  また、藤川投手はこれまでの22年間を振り返り、「自分が楽しいと思える場所で投げて、必要とされる場所で投げて、そこで腕がちぎれるまで投げられたら幸せだと言う風に思ってスタートしたから、その時が来たと。だから何の後悔もないです」とキッパリ。  インタビューの最後、現役生活の締めくくりに向け、次のように力強く意気込みを語りました。 「最後の勝負ですね。自分自身への最後というか、まぁ野球選手としての最後の勝負を出来るということかな」 (関西テレビ9月12日(土)午後5時から放送『こやぶるSPORTS』より)