Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

森七菜・清原果耶、ブレイク間近の若手女優を立て続けに起用「オロナミンC」CMが“登竜門”化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

朝ドラ「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)などに出演し注目を集めている女優・森七菜。彼女がホフディランの名曲「スマイル」を歌うYouTube動画が、公開から2カ月弱で470万再生を突破、まだまだ数字を伸ばしている。同曲は森が出演している大塚製薬「オロナミンC」のCMソングだ。同製品のCMは、森七菜の前に同じく女優で2021年度前期の朝ドラ「おかえりモネ」のヒロインに抜擢された清原果耶をメインキャラクターとしており、新たな若手女優の登竜門的存在となっている。 【写真を見る】「オロナミンC」CMでの森七菜!“元気ハツラツ”制服姿が、とってもキュート!! ■ 懐かしい上戸彩の「元気ハツラツぅ?」シリーズ 「オロナミンC」で若手女優が出演するCMといえば、2004年~放送された上戸彩の「元気ハツラツぅ?」シリーズを思い浮かべる人も多いだろう。 上戸がスポーツ選手やタレントとコラボしキュートな魅力を見せた同シリーズは視聴者にも好評だったようで多くのシリーズが作られたが、上戸以降しばらく若手女優を「オロナミンC」CMのメインキャラクターとすることはなかった。 そして2018年、清原果耶を起用。当時の清原は16歳。モデルとして活動しつつ、ドラマ「透明なゆりかご」(NHK総合、2018年)で初の主演を務め頭角を表してきている中でのCMだった。 「透明なゆりかご」のスタートが2018年7月、CMのスタートが同年10月であることから同ドラマ放送以前にCMは決定していたと思われ、まさにネクストブレイク女優をキャッチした形だ。 同CMで清原は「三百六十五歩のマーチ」のイントロに合わせ「パーン!パパパパ」と元気よく歌い上げる姿などを披露。視聴者からも「元気をもらえる」と高評価だった。 その後、清原は2021年度前期の朝ドラ「おかえりモネ」のヒロインに決定。“国民的女優”への階段を登っている。 ■ 同社のポカリスエットCMも“若手女優の登竜門”として知られる 清原と入れ替わる形で、2020年3月より同CMのメインキャラクターとなったのが森七菜だ。 森は現在19歳。アニメ映画「天気の子」(2019年)ではヒロイン役(声優)を務め、朝ドラ「エール」には二階堂ふみ演じる音(おと)の妹・梅として出演し知名度を上げている。 「オロナミンC」のCMでは、ホフディランの名曲「スマイル」を歌う少女として出演。弾けるような笑顔でまさに“元気ハツラツ”、力いっぱいの歌いっぷりを披露。 前述のとおり、YouTubeで公開されている同曲の動画※は2カ月弱で470万再生を突破。コメント欄には「元気になる」「楽しくなれる」といった旨のコメントが寄せられており、オロナミンCのコンセプトが視聴者にハマっていることが分かる。 (※大塚製薬のチャンネルではなく「森七菜 Music Official Channel」で公開された、ホフディランプロデュースの新録バージョン) また先日、森が10月スタートのドラマ「この恋あたためますか」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)で連ドラ初主演を務めることが発表された。 TBSの火曜日10時は、「初めて恋をした日に読む話」「恋は続くよどこまでも」「私の家政夫ナギサさん」など、話題作を多く放送している枠。森がさらに注目度を上げることは間違いなく、清原のときと同じく“ブレイク直前”の若手女優を見事に起用したことになる。 大塚製薬といえば「ポカリスエット」のCMが、過去に宮沢りえ、綾瀬はるか、川口春奈、中条あやみらをメインキャラクターとしており若手女優の登竜門的な存在として知られるが、清原果耶、森七菜と立て続けに出演直後からブレイクしていく若手女優の起用に成功した「オロナミンC」のCMも、新たな登竜門的CMとして注目を集めている。(ザテレビジョン)

【関連記事】