Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゾクゾクッとする! 吉沢亮、鬼気迫る演技で圧倒 「青くて痛くて脆い」予告編が解禁

配信

ねとらぼ

 俳優の吉沢亮さんと杉咲花さんがW主演を務め、8月28日より全国公開される映画「青くて痛くて脆い」の予告映像が公開されました。 【画像】主題歌を務めるBLUE ENCOUNT  同作は「君の膵臓をたべたい」で一躍ベストセラー作家となった住野よるさんの同名小説が原作。大切な仲間と居場所を奪われた青年が、うそと悪意にまみれながら復讐(ふくしゅう)していく青春サスペンスとなっています。  人付き合いが苦手な大学生・田端楓を吉沢さん、空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃を杉咲さんが演じます。正反対な1人ぼっちの2人が「世界を変える」という大それた目標を掲げる秘密結社サークル「モアイ」を結成するも、この世を去ってしまう秋好。楓は、秋好がかなえたかった夢を取り戻すために、就活サークルに成り下がった「モアイ」の奪還計画に奮闘していきます。  予告編では、吉沢さんは冒頭の和やかな笑顔から一変、憎しみや怒り、軽蔑の表情を見せ、復讐(ふくしゅう)に身を投じダークサイトに染まっていく鬼気迫る演技を披露。一方、杉咲さんも生き生きとした笑顔とは一転し、ラストの「気持ち悪いっ」と言い放つシーンでは強烈なインパクトを残していました。さらに、住野さんがファンであるロックバンド「BLUE ENCOUNT」による主題歌「ユメミグサ」も解禁。青春のはかなさや夢、後悔や葛藤、捨てられない希望を、美しく切ないメロディーと繊細な言葉で表現された楽曲が本作の世界観を引き立てています。 (C)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

ねとらぼ

【関連記事】